マガジンのカバー画像

荒川洋のフルート講座

フルート奏者荒川洋のフルート音楽講座。 演奏方法実践の考え方、アイディアをお伝えします。
フルートを演奏する人、音楽家。 リスナー全般
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

音の波動と持続音

「サウンドメディテーション」と呼ばれる音浴で包まれながら行う瞑想があります。

スキ
1

考えて吹いてねロングトーン

 今回は、楽譜付き。頭を使ってるか吹きながらわかるロングトーンの楽譜付き。

スキ
1

音の基準値〜音程感覚

あくまでフルートを吹く上での観点です。これはフルート講座として書いているので。

スキ
2

フルートの頭部管の微調整のアイディア

フルートの頭部管の微調整は、とても大事で、演奏のコンディションに直結するとても大事なところです。

スキ
2

オーケストラですぐ良いコンディションを見つける方法

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

ときに起こる演奏全体に対しての回避方法

演奏していて起こる問題点の回避方法について触れています。

スキ
1

音楽家を変える発想力

数年前、以前のオケに在籍中に書いた文章で、別のマガジン用の記事投稿ですが、こちらに掲載します。

スキ
4

演奏は「気」気に負けないこと

「気に負ける」ということは皆さんも体験済みかと思います。 これは、自分より素晴らしいものを持っていたり、 自分に自信がなかったり、 裏付けがなくて緊張してしまってできなくなる事で起こるのではないかなと思います。 または、体調の減退で起こる気の病も関連する時があります。 わかりやすい演奏で「気に負けない」演奏の仕方

スキ
2

室内楽合わせをして、かなり良くなってきてから気をつける事

室内楽をやって、徐々に音も揃いだし、曲の全貌が見えてきた頃に、「もういいかな」と、慢心してしまう事はあるかもしれません。  音も間違ってないし、音楽的にも意思統一を図り、アーティキュレーションも揃えた。 ここで、最後にチェックしてほしいことがあります。

スキ
5

体育館で6回のフルートピアノ音楽鑑賞教室。さて、僕が気をつけた事。

本日は、千葉の小学校で3回のフルートとピアノの音楽鑑賞教室を行いました。  朝イチで出勤して、すぐ演奏。トーク中心で、様々な笛の紹介も兼ねて、フルートの名曲も聴いてもらいました。が、一番気をつけるべきポイントは。

スキ
5

アンサンブルの人間関係について

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

フルートの演奏の調子が崩れた時に考えるレジュメ

自身が日々色々考えながら演奏している結果、本番やリハーサル中にコンディションが崩れることがほぼ無くなってきているのはとても嬉しいことです。 その代わり、練習中にコンディションを崩すことがあるので、レジュメとして明記しておきます。

スキ
5

音楽大学の試験を聴いて。

スキ
4

息の使い方|生徒に伝えた事

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2