【サンデーサラブレッドクラブ2020年/初年度種牡馬産駒のレビュー/ドレフォンほか 】
見出し画像

【サンデーサラブレッドクラブ2020年/初年度種牡馬産駒のレビュー/ドレフォンほか 】

【1口馬主講座】トンボのめがね


(1)はじめに

ドレフォン産駒:
「132アロマティコの19 」
「133メルヴェイユドールの19 」
「182インナーアージの19 」
「183スマイルシャワーの19」

シルバーステート産駒:
「136コンカランの19 」

イスラボニータ産駒:
「135アイヴォリーカラーの19」

キタサンブラック産駒:
「180コナブリュワーズの19 」

上記7頭については、測尺、血統、馬体(写真やDVD/動画)の各観点から詳しく解説・評価しています。

「181アメリの19 」メス、父キタサンブラック
「184シーディドアラバイの19 」メス、父サトノアラジン
「134ストゥデンテッサの19」牡、父イスラボニータ

この3頭については、大変申し訳ございませんが、測尺評価と基本データだけを挙げさせてもらうことで、レビューは控えさせていただきますことをご了承ください。よろしくお願いいたします。

画像1

この続きをみるには

この続き: 23,745文字 / 画像40枚

【サンデーサラブレッドクラブ2020年/初年度種牡馬産駒のレビュー/ドレフォンほか 】

【1口馬主講座】トンボのめがね

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
【1口馬主講座】トンボのめがね
私は2006年から社台・サンデーサラブレッドクラブを中心に1口馬主を始めて、今年(2020年)で15年目になります。これまで出資してきた中で一番活躍したのはジェンティルドンナになります。1口馬主の会員の皆さん、これから入会を検討されている方々、一緒に相馬眼を磨いていきましょう。