140字の旅

36

140字の旅「岐路」

学生時代から部屋にはずっとギターがあった

スタジオやライブハウスが遠のき
ギターやベースも遠のき
ピアノ中心の生活に

これまでの自分を整理して
新たな一歩を踏み出すために
弦楽器を手放すことに

今夜が部屋に弦楽器がある最後の日
新しい旅に出る前の岐路

140字の旅「旅路」

旅の途中で想う

目的地を目指す旅と
目的地を決めない旅と
どちらが良かったのか

会いたい人に会いに行く旅
思いがけない出会いのある旅
どちらが良かったのか

書きたいものを書く旅と
書きながら考える旅と
どちらが良かったのか

急ぐ旅と
ゆっくりの旅と

140字の旅「散髪」

言葉も伝わらない海外で
髪を切るのは楽しい

ベートーベンみたいと言われるくらいの長さ
ボサボサ頭で海外に行く時の挑戦のひとつ

無理やりのコミュニケーションでも
髪を切る作業は万国共通

言葉が伝わらなくても髪は短くしてくれる
それ以外は誤差範囲でしょう

140字の旅「相槌」

「うん、そうだよ」

と応えてくれる

旅の途中
普段話さないような話をして
意外な反応に驚く

そんなことを考えていたなんて
そんなことに気づいていたなんて

話してみないと分からないこと
思い込んでいることで気づいてないことは
他にもたくさんありそうだ

140字の旅「天気」

旅行日だけ雨が続く
そんなこともありました
出発してから降りはじめ
帰宅してから快晴だとかね

7月になっても雨が続く
遠い過去にもありました

天気は決められないけど
行き先は決められる

天気は変えられないけど
行動は変えられる

今日は何をしようかな

140字の旅「麺類」

麺類に向かう時
どんなことを考えてる?

麺類をすする時
何のことを考えてる?

麺類を求めて旅に出て
麺類で勝負している人たちに出会い
楽しい時を過ごしましょう

あったまって
お腹いっぱいになったら

麺類の歴史を紡いできた人たちに
感謝の気持ちを一杯

140字の旅「関税」

あげてあげてあげて守る
あげてあげてあげて守る

あげて何を守ってる?
あげて何と戦ってる?

目には見えない高くそびえ立つ壁は
中を守れるけど孤立する

鞭打つ安易な数字の操作ではね
人の心は動かせない

世界はどこに向かってる?
世界はどこを旅してる?

140字の旅「景気」

ある国の景気が曇りだそうだ
雨になる予報も出ている

景気と経済は
財布の中の動きや流れかな

僕の財布もその一つ
僕のSuicaもその一つ
僕のAmazonの買い物もその流れの一つ

お金は動いて流れていく
人の意思が動いていく

景気も旅のようなものか

140字の旅「夢中」

大人になると
夢中になってる時間が
悲しいかな無くなっていく

大人になると
心から楽しんでいる時間が
悲しいかな少なくなっていく

もっと純粋に
もっと違う角度から
向き合ってみることで
新しい発見がある

何かに夢中になってる自分の発見
できたらいいね

140字の旅「実名」

僕らはみんな実名がある
中には実名とは別の名前も持つ人もいる

Facebookは実名を原則とし
Amazonは僕の実名を知っている

これを書いている世界の中では
僕は実名を使っていない

実名を使った旅
実名から遠ざかった旅

どちらも大切な価値ある旅