見出し画像

ジャンルを選んで寄付するプラットフォームsolioをリリースします。

 株式会社SOLIO(本社:大阪 代表者 今井紀明)はジャンルを選んで寄付するプラットフォームsolioをリリースします。

 自分が起業した時に「NPOだと活動資金集められない」と何十人からも言われた。それから9年経って、僕、今井紀明は認定NPO法人D×P(ディーピー)の代表として毎年多くの寄付を個人からいただき、10代の孤立を解決のために動き、活動は全国的に広がってきた。小規模ながらもこれまで6000名以上の不登校や中退した高校生たちの就職や進学のサポートをしてきており、仲間を集めながら活動資金を集めることができてきた。

 しかし、落ち着いて見てみると、周りのNPOによく言われたのは「今井さんのところは寄付を積極的に集めているけれど、私たちは現場で手一杯。行政の委託事業をやっていると、(子ども支援だと)行政が決まったところまでの支援しかできず、本当は寄付を集めて子どもたちに合わせて支援したいんだけど、寄付が集められなくて・・・」と何度も何度も聞いてきた。子ども支援分野だけの話ではないだろう。海外の子どもたちの支援や環境問題など、NPOはこれまで国や企業が解決していない社会課題を見つけては社会に訴え、市場がない分野の資金調達しながら(このハードルは非常に高い)活動してきた。

 D×Pもまだまだこれからだ。10代の孤立を解決していくためにはまだまだ資金調達をして仲間を集めながら事業展開をし、国にも政策提言しながら動いていく必要がある。ただ、自分のNPOだけが活躍することで社会がよくなっていくだろうか、と問えば、そうではない。様々な分野で活躍するNPOが出てくるからこそ、社会の課題は是正できるしスピードも上がる。

 そう思っていたときに家入さんに声をかけられて、ジャンルごとへの寄付したら、様々なNPOに寄付する仕組みができるのでは、と言われて僕たちは動き出したのが株式会社SOLIOだ。ちょうど、僕がツイッターで「寄付したいけれど、寄付する先がわからない」という声も聞いていたので、ジャンルごとに公益性の高いNPOを集めてまとめて寄付できる仕組みをすれば、ユーザーは寄付しやすくなるのでは、と思って動き始めた。


12のジャンルを選んでカジュアルに寄付する

  solioは自分が興味のあるジャンルを選び、ひとりひとりの課題感からテーマを選んで簡単に寄付することができる。

画像1

 それぞれのジャンルには申請があった認定NPO法人、公益社団法人や公益財団法人が既に登録しており、寄付できるようにしている。寄付控除もあるのと、寄付先がわからなかったとしても自分の関心がある、課題解決したいジャンルを選んで寄付される仕組みになってるので、選ぶ手間も省くことできる。

寄付は私たちが望む社会をつくる

 solioはNPOの資金調達のアップデートをしていきたい。NPOなんて経営はできない、現実を見ろ、と何度も言われてきたが、でも、僕は違うと思ってる。寄付を原資に行政や企業ができないサービスを展開し、社会的にも困難な状況に陥っていたり、誰もがやらないような課題解決を志を持って動いてきた人たちがたくさんいる。

 それをどの分野のNPOでもできるようにして、社会をよりよくしたい。寄付は誰もできないことを可能にする資本になる。今まで対象にできなかった課題を解決することができる。

 寄付は僕たちが望む社会を作ると思っている。それを一緒になって作りたい。 


経営陣略歴
◼︎代表取締役 今井紀明
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。オンラインサロン「NPO未来ラボ」代表、2018年に株式会社SOLIO代表取締役に就任。

◼︎取締役 中川峰志
1993年滋賀生まれ。立命館大学情報理工学部中退。現在はNow Do株式会社 でソフトウェアエンジニア。 子供が生まれたことをきっかけにして子育て支援、教育支援などに貢献したいという思いが強くなり、それらの活動を支援する手段としての寄付を広めたいと感じ、2018年に株式会社SOLIO取締役に就任。

◼︎取締役 桂大介
1985年京都生まれ。早稲田大学卒。大学在学中の06年に株式会社リブセンスを共同創業し12年に一部上場。その後はソーシャルセクターへも活動を広げ、NPO法人や株式会社への寄付、一般社団法人新しい贈与論の設立、株式会社SOLIOの設立などを通じて寄付や贈与の価値を見直している。

会社情報
株式会社SOLIO
本社:大阪府大阪市中央区天満橋京町1−27ファラン天満橋33号室(認定NPO法人D×P事務所内)
代表取締役:今井紀明
株主:経営陣 顧問:家入一真
設立:2018年11月27日
資本金:5,200,000円
事業内容;新しい形の寄付プラットフォーム「SOLIO(ソリオ)」の開発運営
https://solio.me/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
175
スマホではじまる、今よりちょっと、いい世界。 solioの運営ノートです。