【解析】転がり軸受けの診断法について
見出し画像

【解析】転がり軸受けの診断法について

振動くんの独り言

 皆さんこんにちは。振動くんの独り言の投稿です。
本日は、転がり軸受けの良否の判定方法について投稿したいと思います。

 前回の投稿で、軸受けには大別して「転がり軸受」「すべり軸受」の2種類があることをお知らせしています。詳細は以下を参照して下さい。

 本日は、転がり軸受けの良否診断方法について記載したいと思います。

1、ベアリングの劣化要因について

 転がり軸受けには、ベアリングというものが使われています。このベアリングの劣化要因を図1に示します。

図1ベアリングの劣化要因

 ベアリングの劣化要因の中で特に異物の混入油切れ等の物理的な要因が発生すると、ベアリングに焼付けや傷が発生し、これらの現象が進行・悪化して行くと最終的には、ベアリングそのものの破損につながって行きます。

2、転がり軸受けの診断分類

 転がり軸受けを診断する方法として、大きく以下に揚げる3つの診断方法があります。

 潤滑油の分析診断・・・・・・・ 潤滑油の分析技術が必要
 聴音棒等による音による診断・・ 長年の経験が必要
 軸受け診断技術による診断・・・ 簡易診断による技術

3、簡易診断による診断方法

 現在最も注目されているのが、簡易診断による軸受け診断方法です。特にエンベロープ処理を用いた診断が有名ですので、その方法について記載します。

4、エンベロープ処理の説明

 下図2に示す一連の流れがエンベロープ処理の流れです。
 ベアリングに傷が発生すると、ベアリングの玉による衝撃波形が発生します。この衝撃波形は打撃波ですので、ベアリングの玉の固有振動数が含まれています。
 この固有振動数の周波数は高い周波数の範囲(高周波領域)に発生するため、図2.2の10kHz前後の波形をバンドパスフィルター処理で取り出します。
 バンドパスフィルター処理した波形をFFT解析することで、どのベアリングの玉に劣化が生じたかが解ってきます。

図2エンベロープの説明

5、エンベロープ処理で判断できること

図3エンベロープで分かること

これから先は有料記事です。
閲覧頂きましてありがとうございます。
次回の投稿をお楽しみに。

有料記事は、測定した加速度波形の具体的なエンベロープ処理方法とCF(クレストファクター)を用いた診断方法について記載しています。
かなり専門的な分野です。


この続きをみるには

この続き: 565文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、一般的な文献では得られなかった生きた現場での事象を紹介しながら、基礎から応用まで幅広い知識を習得することができます。初心者の方にもわかりやすい丁寧な記事となっていますので、皆さんから好評を得ているNote記事です。一部の現場では、機械状態監視技術の資格が必要とされていますが、現場の知識や解析の実力がなければPaper Driverと同じ様なことになります。本記事は、現場を長年経験したことをベースに記載して行きますので非常にお得な記事になると思います。

振動についての基礎知識や現場での対策方法を増やそうと思っている方、振動の計測と解析をこれから始められる方、既に現場において振動の計測と解決…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。また見て下さい!
振動くんの独り言
設備の振動問題を解決する自称プロです。コンサルタント会社の代表をしています。振動の事だけに限らず、長年培った技術や知識を投稿して行きたいと思っています。