見出し画像

ソフトボール ウィンドミルを最短でマスターする方法と注意点

1、ウィンドミルとは

ソフトボールの投球方法の1つです。ボールを持つ手を大きく1回転させてボールを投げる様子が風車に似ていることからウィンドミルと呼ばれており、ソフトボールの投手はほとんどがウィンドミルで投球しています。今回はウィンドミルやブラッシングを身につける為の基礎と身につけるにあたって多くの人が陥る注意点について解説していきます。

有料コンテンツを購入いただいた方には動画やウィンドミル・ブラッシングに関する個別質問が出来る特典付きです!

2、ブラッシングって?

ウィンドミルを身につけるにあたって、まず習得しなければいけないのがブラッシングです。簡単そうに見えるブラッシングですが、やり方や練習方法を間違えてしまうと変な癖がついてしまったり必要以上に時間がかかってしまいます。まずはじめにブラッシングの正しいやり方と初心者にありがちな落とし穴について解説していきます。

ソフトボールのウィンドミルでは投球する時にボールを持つ腕を身体(主に腰)に接触させなければいけません。この動作のことをブラッシングと言います。
ブラッシングがウィンドミルのスタートであり、今後スピードやコントロールをレベルアップさせるための大切な基礎となります。

3、ブラッシングのやり方

ウィンドミルはボールを持っている腕を一回転させて投げますが、はじめたばかりの方は回転させずにしっかり腕を腰にかすらせる(当てる)事を意識した練習からはじめていきましょう。

3-1、フォーム

投げる方向に対して、写真のようなフォームをします。身体は真横を向きグローブは投球方向に、ボールを持つ手は12時の方向にまっすぐ伸ばします。

ブラッシング①

3-2、腕を振り下ろす

フォームが出来たら、重力に従ってボールを持っている腕を上から下に振り下ろしていきます。

ブラッシング②

振り下ろす時、腕は肩の後ろ(背中)を通らないように注意してください。ボールを持つ腕の手の平は外(右投手だと三塁側)を向けて、小指を先行し、力を抜いて真下に振り下ろしていきます。

3-3、ブラッシング時のポイント

次にブラッシングについて解説していきます。

この先は有料記事になります。
ブラッシグやウィンドミルのやり方だけでなく、本や動画では教えてくれないブラッシグの注意点を紹介させていただきます。
それだけではなく、ウィンドミル指導実績多数の講師に対して、個別質問が出来る"特典"付きです!

この続きをみるには

この続き:3,374文字/画像8枚

ソフトボール ウィンドミルを最短でマスターする方法と注意点

Softball TImes

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ソフトボール情報を発信する総合メディアです! https://softball-times.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。