見出し画像

3/4

満員電車に乗っている人間を見ると死にたくなる方の恋々です。電車に乗るたびに精神安定剤を飲んでいますね。みんなは毎日電車に乗ってえらい。気付いたら三月ですね。早すぎる。

一月二月は論文や原稿に追われていたら終わっていました。東京行く以前、原稿やる前に見た映画ですのでちょっと時間が空いてしまってますがとりあえず見たメモ。


アシュラ


韓国ノワールです。大事な人の入院費のため、わるい権力者のわるいことを手伝っていたら、いろんな人の板挟みになり、さまざまな犯罪を犯してしまい、やがて取り返しがつかないところまでズブズブと沈んでいく…という話です。バイオレンスな画面が続く中で、主人公の悲壮感と出てくる人間がみんなすがすがしいほどクズなのが一周回って魅力的でした。特にわるい権力者である町長は、レオンのゲイリーオールドマンを彷彿とさせました。悪役が自らの美学のままにすべてを破壊してゆくさまって良いですよね…わるい権力者を止めようとするひとも結構悪くて、主人公は「おまえはわるいことをしているんだから」という目で見られながら使い捨てられようとしているのも悲しげでした。
主人公の、何も自分で決断できず、流されながらも、自分の大切なものを守ろうとする姿は等身大のもがきであり、その生々しい人間さが物語のラストに与える影響は、あるべきものの姿であり、至るべき終着点のように感じました。主人公の舎弟と主人公の関係性の終わりはこのクズばかりの物語の中でどこかおごそかな結末すら感じられますね。インサイダーズや負け犬の輪舞や新しき世界や、韓国ノワールのブロマンスを見てきて、アシュラはまたひとつのうつくしい結末だと感じました。あの打ちっ放しコンクリートの寂しい通路がいいよ…。

王になった男



イ・ビョンホンが見たくて見たのですがやっぱり最高に素敵でした。卑屈な小物役から、冷徹な王から、自意識を持ち自立しようとする者までなんでも演じられるんですよね。物語も何かを損なったり失わないように、繊細に作り込まれていると感じました。シチュエーションこそ、「王とそっくりの平民男が身代わりになったら!?」という王道ものではありましたが、そこから物語をどう展開させ、どう終着させるかというのは大変丁寧に作られていたと感じます。あまり気負わずに見れるエンタメ映画でした。


東京行ってる間にも何本か見たのでそれも書けたら良いですね。ミッドサマーはTwitterの熱狂を見てたらなんだか嫌になったのでDVD待ちかもしれません。

この続きをみるには

この続き: 644文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ツイッターで垂れ流しているものよりも自我が強めな文章です。ただただわたしの文章が読みたい人向けであり有意義ではありません。

日々日記

550円

たのしい思考を垂れ流す日記です。具合が悪くてもがんばって書こうね

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日々のごはん代や生きていく上での糧になります

5
学問と音楽と創作が好きで社会が苦手です。楽しく生きたい @oribeiyo

こちらでもピックアップされています

日々日記
日々日記
  • 24本
  • ¥550

たのしい思考を垂れ流す日記です。具合が悪くてもがんばって書こうね

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。