新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
サムネイル_2x__1_

スマレジ MonthlyReport 2020/01

はじめまして。株式会社スマレジ・広報の矢崎です。
2020年から「スマレジ MonthlyReport」をスタートすることになりました。直近の登録店舗数や利用プランの内訳、新規導入店舗のご紹介、今後の取り組みや社員のメッセージなどを盛り込み、毎月皆さまにお届けして参ります。
スマレジを応援してくださっている皆さまに、スマレジをより身近に感じていただけるような内容にしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

スマレジの登録店舗数は約81,400店舗に

2020年1月のスマレジ概況
2020年1月31日の時点で、スマレジの登録店舗数は約81,400店舗になりました。登録店舗数直近6ヶ月の推移は、以下の通りです(速報値)。

プラン別スマレジ登録店舗@2x

また、 有料プランの内訳は下記のようになっています。

有料プラン内訳@2x (1)

2020年2Qまでは消費税増税に伴う軽減税率制度への対応による駆け込み需要の影響で、新規契約獲得件数が増加しました。また、本制度と直接的な関わりのない大規模案件を獲得(7月プレミアムプラス、9月リテールビジネス)したこともあり、新規契約獲得件数は大幅に増加しました。(株式会社スマレジ 取締役 営業本部長 地引)

スマレジトピックス

【注意】
・「資産形成フェスタ2020」は2月18日に日本取引所グループが発表した『新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた見学、セミナー・イベント等の対応について』を受けて、イベントの開催が延期となりました。開催時期の目処がたちましたらお知らせいたします(2/20追記)
・「リテールテックJAPAN2020」につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ご来場されるお客さま、パートナー企業の皆さま、弊社従業員の安全を第一に考え、出展を中止することにいたしました(2/21追記)


・資産形成フェスタ2020に出展します【開催が延期になりました】
2/28〜29の2日間、東証アローズで開催される『STOCK VOICE「資産形成フェスタ2020」in 東証アローズ』に、株式会社スマレジが出展します。東証アローズから全国の個人投資家の皆さまに向けて、上場企業のIRと資産形成のアイディアを発信するイベントです。
https://sv-festa2020.jp/

・リテールテックJAPANに出展します【出展を中止いたしました】
3/3〜3/6の4日間、幕張メッセで開催される『リテールテックJAPAN』に、株式会社スマレジが出展します。流通・小売業、飲食業、サービス業などに向けて、POS、キャッシュレス決済、マーケティング、データ分析とAI、EC、物流IoT、HRテックなど、ビジネスと経営を支える最新のITソリューションを一堂に紹介する国内最大級の専門展示会です。
https://messe.nikkei.co.jp/rt/

・ラジオNIKKEI「アサザイ」に出演しました
ラジオNIKKEIが放送する下記番組に、代表取締役 山本博士が出演しました。
メディア :ラジオNIKKEI第1
番 組 名 :PRONEXUS presents 朝イチマーケットスクエア アサザイ
放 送 日 :【2020年1月15日(水) 朝8:40~9:00】

「アサザイ」番組ウェブサイトURL : http://market.radionikkei.jp/asazai/

編集後記

今回、「スマレジ MonthlyReport 2020/01」を編集したのは、株式会社スマレジ・広報の矢崎です。スマレジに入社して3年が経ちました。お買い物と外食が大好きで、お気に入りのお店に自社のサービスが導入されていると喜びを感じます。
こちらの編集後記では毎回、各セクションのマネージャーが持ち回りで、株式会社スマレジの現在の取り組みをご紹介していきます。今回はカスタマーサクセス部です。

カスタマーサクセス部の取り組み
・札幌サポートセンター設立
お客様の増加に伴いサポート体制を強化すべく、2019年末、札幌に新たな拠点を設立しました。東京、大阪に続いて3拠点目となります。
https://corp.smaregi.jp/news/topic/sssc.php
採用説明会等も行い、サポートスタッフの拡充を進めております。

・応答率の改善
人員増加の結果、コールセンターの一つの指標となっている応答率に顕著な改善がみられました。増税前後の顧客急増時には、一時的に70%以下まで落ち込んでいた応答率ですが、現在は人員も増え90%程に落ち着いております。応答率等の情報はウェブサイトにて開示し、月次更新をしています。
https://smaregi.jp/support/

・今後の予定
昨今、「カスタマーサクセス」というワードがトレンドになっています。受動的なカスタマーサポートに対し、カスタマーサクセスは能動的にお客様の課題解決に取り組むものです。株式会社スマレジもカスタマーサクセスの意識を持って、顧客満足度の向上、ひいては継続率向上に努めてまいります。(株式会社スマレジ カスタマーサクセス部 マネージャー 竹村)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
株式会社スマレジは、インターネット社会においてデザインとテクノロジーを駆使して「いい未来をつくる」ことを理念としたテクノロジー企業です。高機能クラウド型POSレジ サービス「スマレジ」や、勤怠・給与・労務管理の「スマレジ・タイムカード」などのクラウドサービスを提供しています。