👈

パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。

爽やかな人になるための、意外な邪魔者。

それは、パソコンや携帯電話です。

パソコンや携帯電話は、便利な通信機器であり、コミュニケーションツール。

もはや生活になくてはならない存在感があります。

パソコンや携帯電話があれば、あらゆる情報が簡単に入手できます。

手持ちの携帯電話からインターネットを使えば、地球の裏側のウェブサイトにも一瞬でアクセスできます。

直接会わなくても、メールでコミュニケーションができます。

外出しなくても、買い物を完結させることも可能です。

パソコンや携帯電話さえあれば、ゲームや娯楽などの暇つぶしも自由自在。

パソコンや携帯電話は、もはや生活のインフラに近い役目を果たしつつあります。

手放せない人も多いのではないでしょうか。

しかし、いくらインフラに近い存在とはいえ、使いすぎには注意が必要です。

パソコンや携帯電話は便利である一方、爽やかさを奪っていくデメリットがあります。

黙々と無表情で液晶画面とにらめっこする様子は、客観的に見て、爽やかな様子とは言えないでしょう。

電子機器に触れる時間が長くなるにつれて、人と会って話す時間も減っていきます。

「パソコンや携帯電話があれば十分」と思うにつれて、人と接するのが面倒になってくるでしょう。

人と接する時間や機会が少なくなれば、コミュニケーション能力の低下にもつながってしまうのです。

爽やかな人になりたいなら、電子機器から離れる時間を作りましょう。

「パソコンや携帯電話がないと遊べない。暇をつぶせない」と思うのは誤解です。

パソコンや携帯電話を使わない遊び方や過ごし方は、たくさんあります。

紙の本を読んでみる。

映画館で映画鑑賞をする。

スポーツジムでたっぷり汗を流す。

美術館や博物館に出かけ、芸術を堪能する。

動物園に出かけて、動物と触れあう。

たまには遠くに出かけて、大自然に囲まれてみるのもいいでしょう。

もちろん友人と直接会って会話を楽しむのも、素晴らしいひとときです。

電子機器を使ったコミュニケーションもいいですが、対面のコミュニケーションにはかないません。

やはり直接人と会って話をするのが、一番生々しくて面白い。

直接会って話をするほうが、コミュニケーションが早いので、盛り上がりやすくなります。

たっぷり会話を楽しめば、よいストレス発散にもなって、晴れやかな気持ちになります。

パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間なのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これはメモです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。