いくら踏んだってスキーはたわまないよ、たわみと内傾角の関係

スキーをたわませろ」って言われたことありますか?

聞いたことはある人が多いのではないでしょうか?

スキーってたわむと曲がりやすいのです。

上手くたわませることが出来ると簡単に曲がります。

R15のスキーをR14とかR12とかで曲がることだってできます。

たわんだ分短い半径で曲がることが出来るのです。

たわみのコントロールが自由にできれば、ターン弧のコントロールも自由にできます。


ではどうすれば、たわむかわかりますか?思いっきり踏んだってたわませることはできないのです。

この続きをみるには

この続き:821文字/画像3枚

いくら踏んだってスキーはたわまないよ、たわみと内傾角の関係

スノダノブユキ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
スキーのインストラクターをしています。ゲレンデに行けないときはnoteを読んでみましょう。http://skitop.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。