いくら踏んだってスキーはたわまないよ、たわみと内傾角の関係

スキーをたわませろ」って言われたことありますか?

聞いたことはある人が多いのではないでしょうか?

スキーってたわむと曲がりやすいのです。

上手くたわませることが出来ると簡単に曲がります。

R15のスキーをR14とかR12とかで曲がることだってできます。

たわんだ分短い半径で曲がることが出来るのです。

たわみのコントロールが自由にできれば、ターン弧のコントロールも自由にできます。


ではどうすれば、たわむかわかりますか?思いっきり踏んだってたわませることはできないのです。

続きをみるには

残り 763字 / 3画像

¥ 200

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?