見出し画像

洗濯カゴとしてはもちろん、生活の中であれこれ役立つ。耐久性のある和紙のランドリーボックス。

洗濯前・洗濯あとの衣類の収納とは持ち運びのために。風合いの良さはそのままに、耐久性のある新しい和紙、ハードナオロンを使用しました。持ちやすいハンドルをつけて移動しやすく、プラスチック製品とは違い、洗面所やリビングに置いても目立ちづらく、やさしい姿かたちが大きな特徴です。

さらにリビングやキッチン、ベッドルーム、洗面台、玄関などお家のあちこちで役立つ収納ボックスとしてもお使いください。ひざ掛けや毛布などの収納場所として。キッチンで野菜や果物、お買い物してきたものの一時保管場所として。生活感のあるあれこれを包み込んで、落ち着いたインテリア作りのお手伝いをします。

サイズは上面部分のSIWA ランドリーボックス M 直径は37.8センチのMサイズと、直径26センチのSサイズの2サイズを用意しています。この記事ではこのサイズの違いをご紹介します。

画像1

こちらがラージサイズの「SIWA ランドリーボックス M」。一般的な洗濯カゴとして使いやすい大きさ。家族でお使いいただく場合にも最適な、大きさは、高さ330 × 直径378mmです。


画像2

こちらはひとまわり小さな「SIWA ランドリーボックス S」。一人から二人暮らしのご家庭の洗濯カゴとして。さらには子供たちの玩具やぬいぐるみなどの収納カゴ。ペットのお家としてもご利用になっている方もいらっしゃいます。大きさは、高さ 245 × 直径260mmです。


画像3

どちらの大きさも、本体の内部にはクッション材を入れた袋構造になっていて、収納物が無い状態でもくしゃっとなってしまいません。さまざまな工夫で、モノの出し入れがしやすく、お店やカフェでの商品や展示品のディスプレイにもご利用ください。(大)

このページで掲載したSIWAアイテムの詳しい情報
「SIWA ランドリーボックス S」
「SIWA ランドリーボックス M」




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキをありがとう!よろしければSNSのシェアをお願いします
10
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/

この記事が入っているマガジン

SIWA製品紹介
SIWA製品紹介
  • 5本

SIWAの製品の中からピックアップし、製品の特性などを詳しくご説明していく記事を集めました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。