見出し画像

Itsuki WatanabeさんのSIWA

SIWA | 紙和

今回のI Love SIWAは、フォトグラファーのItsuki Watanabeさんに、愛用品のSIWAについて聞きました。

I Love SIWA 会員番号 023
お名前 Itsuki Watanabe
私の愛用品 SIWA バッグスクエアMSIWA クラッチバッグWide
使用年数 2年半

わたしの使い方
どちらも学校や撮影の打ち合わせの時に使ってます。特にトートバッグはPCやファイルも入るので一番使ってますね。

画像2


家にいる時は、気分転換としてドライフラワーや流木を入れたりしてインテリアとして使ってます。

画像2


わたしとSIWAとの出会い
3年前、高校の授業で和紙について学んでいた時に紙で出来た製品はないかと気になり、ネットで探していた所SIWAを発見しました。
使うたびに表情を徐々に変えてくれるので、買ったばかりの時は、ちょっと外出する時も使ってました。笑

画像3


わたしにとってのSIWA
使い込むほど美しくなる「モノ」です。
レザーや金属などと似てる部分もありますが、紙らしい経年変化が見られるのもグッドポイントです。

画像5


シワは勿論、毛羽立ちや型の崩れ具合が使う人によって全く変わってくるので、自分だけの「モノ」になります。

画像5


旅行などにも持って行ったので、旅先で出来たシワなども思い出になるので、使っていない時でも楽しいです。この先も新しい表情が見れると考えるとワクワクしてきますね。

画像6

画像8

画像9



これからのSIWAにひとこと
バングル、リングなどアクセサリーやランプシェードやモビールなども増えたらまた、新しいSIWAを体験出来るかなと思います。

画像7

Itsuki Watanabeさんのプロフィール
横浜で服飾を学びながら、横浜、湘南エリアでファッション、ストリート、ヘア、メイク、インテリア、料理などトータルファッションのフォトグラファーをやっています。
ポートフォリオ
https://itsukiwatanabe.theblog.me/pages/3863578/page_201707031318

インスタアカウント
@itsuki_ok


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SIWA | 紙和
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/