暑さに負けて…いや体調のために、タクシーワンメーター乗車

思整雑談術の専門家 未来実現パートナー 大島ゆかりです。

タイトルの通りにタクシー乗車で思ったことをお伝えします。
昨日の出来事です。

運転手Aさん

駅のタクシー乗り場から乗車。
病院の最寄り駅なので、
かなりの確率で患者さんとかが乗られると思います。

行先は○○大学病院の東門。
正門から入ると、駐車場待ちの車やバスとかで、倍の時間がかかる。
そのため、私は申し訳ないと思いつつ運転手さんに伝えた。

昨日の運転手Aさん

私 ◯◯大学病院の東門までお願いします。

運転手Aさん はい

私 メーターを見て、お支払い

運転手Aさん ・・・。無言。

私 領収書ください。

運転手Bさん はい(腕だけが後ろに向いてる)
ありがとうございました。
(ちっさい声で、仕方なく言っていると感じ)

私 ありがとうございました。←声ちぃっさい、反省…。

今日は乗った瞬間から、良い空気感ではなかった。
笑顔ゼロ~。

運転手Bさん

前回の乗ったタクシーの運転手Bさん

私 ◯◯大学病院の東門までお願いします。
すみません、近くて。

運転手Bさん おはようございます!いいですよ。
私も歩けるお客さんには、その方がいいと思って勧めてるんですよ。

私 中まで入ると混んでて。

運転手Bさん  そうなんですよ。
この間なんて全然動かなくて、お客さんに申し訳なくてね。
はい、着きましたよ。
ありがとうございます。

私 ありがとうございました。

笑顔あり、短いけど気持ちいい空間でした。

私が感じたこと

同じ行動なのに、こんなにも感じ方がちがう。
運転手AさんもBさんも、また会うことはないかもしれない。
1日何人ものお客さんと接するお仕事だから、大変かもしれない。
けど、せっかく同じ仕事をするなら、気持ち良くしたいものだなぁと。

そんなことを考えていたら、思い出した!
いつもセミナーや研修で話しをしている、レンガ積み職人の話。

こんな時、それぞれの会社の理念が気になってしまうのは、
職業病なんだろうか。


画像1

             セミナ開催中です!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!