station Februaryへようこそ5原稿
見出し画像

station Februaryへようこそ5原稿

愛


(YouTubeの原稿となっております。動画化した際にはリンクを文章の最後に貼りますのでご覧いただけると嬉しいです。)

(ほぼ放送通りのリライトです)

いつも動画のご視聴ありがとうございます。初めての方も足を止めていただきありがとうございます。

この動画は怪談蒐集家かあなっきさんという方がツイキャスというネットラジオにて放送されている禍話を文字おこし(勝手にリアルライトと称す)しそれにプラスして考察や実話などをお話しするという動画になっております。

というわけで早速はじめていこうと思います。
今回のお話は心霊写真を隠すです。

心霊写真を隠す。

心霊写真ブームってあったんですよ、みんなの頃はどうかな❔

うちの頃はもう絶対学級文庫の中に必ず心霊写真の本とかあってね。見せにくるんですよ、わざわざ鉛筆で○で囲んで、みたく無いのに。

一回だけ自分の学校で問題があってね。

見せに来るんですよ〇で囲んでこことここにとかあるいは著者か発見してない霊をみつけていうか。顔っぽかったらここに写ってるとか。

そしたら怖がるやつは非常に怖がるんですよ、男の子とかでもね。うわー怖いっやめてーって。

あるときにそれこそそういう話なんですけど背後の草むらの中複数の霊体が。

で、著者が言うに事欠いて霊感のある人にはもっと顔が見えるとか書いてて、ここにいるここにいるとか言って、ちょっといじめっ子プチいじめっ子みたいなやつが弱気なやつにほらほら見ろよとか言って。
あんまり怖かったんでそいつがやめろとか言って、いじめられっ子のやつがいつもされるがままなのにティッシュだかハンカチだかをそのやばそうな記事の上にのせたんですよ。

見たくないから。

なんだよ見ろよってって取ろうとしたら、プチュってなんだか虫を潰したような感覚がしたんだそうですよパッとみたら何も無いんですよ。

それでいじめっ子は、プチいじめっ子はそういう遊びを辞めたそうなんですよ。

そいついまだに言うんですよ、感触があったって。心霊写真の自分が捏造したやばい部分の布越しに触ったらぶちゅってなった、ハエよりも大きな虫を潰したような感覚がいまだに残ってるって言うんです。

皆さんもね、そういう嘘はやめた方がいいな。捏造するのはやめた方がいい。そういうのはロクな事にならない。

と言うお話でした。

一体何が布の下にあったのでしょうね。もし布がなかったら気持ちの悪いものが見えていたのでしょうか。もしかしたら噛まれたりしたかもしれませんね。

さて、心霊写真はいつ頃からあるのでしょうか❔

現存する心霊写真の最古は明治12年一月十四日付の「仮名読新聞に掲載された写真で、真言宗の寺の住職である小田天領と言う人物を撮ったものと言われています。

住職の顔に被るように女性の姿がはっきりと写っています。最古の心霊写真で検索すると写真を見ることができます。

心霊写真。皆さんは信じますか❔

確かに心霊写真ブームありましたね。
最近は少なくなりましたが、心霊写真だけで1時間ぐらいの番組とかもありましたし。
そんな番組の中で紹介された一枚の写真のことを私はずっと覚えているのですが…。

それは普通の心霊写真とは違い、写真自体がとても金色の暖かい光を放っていました。

そこには光り輝く人物が写っていました。

写真を鑑定した霊能力者は神様が写った貴重な写真だと言ってました。その写真は美しく私はずっと忘れられないでいます。

と、いうことで今回はこれまでです。お聞きいただきありがとうございました。

YouTubeにて動画up致しました

https://youtu.be/xV7r6k58C6M



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです(*´ω`*)
愛
ヘンテコな世界へようこそ(内容を変更しましたm(_ _)m)