Integromat学習コンテンツまとめ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Integromat学習コンテンツまとめ

Integromatとは

Integromatとは、ShopifyやLINE、Slack等、様々なアプリケーションを繋げて業務を自動化させるツールで、ZapierやIFTTTと同様に、iPaaS(Integration Platform as a Service)にカテゴライズされます。

競合サービスであるZapierやIFTTTと比較しても、多機能で実現できることは格段に多いのですが、それ故に若干敷居が高いという特徴があります。

一方で、日本語はもちろんのこと、英語でも他サービスと比べコンテンツが少ないこともあり、学習コンテンツで作ろうという思いに至りました。

基礎#01 - 料金体系や用語、画面構成

基礎#02 - HTTPリクエストとAPI

基礎#03 - Bundleと配列、Iterator

基礎#04 - RouterとFilter、数式

基礎#05 - Aggregatorと変数の定義、Function

基礎#06 - Instant Triggers (Webhooks)

基礎#07 - Error HandlerとIgnore

基礎#08 - シナリオのバックアップとデータ移行(BlueprintのExport/Import)

基礎#09 - get ()でオブジェクトや配列から任意の値を取り出す

基礎#10 - if ()で条件式の真偽に応じて返り値を変更

基礎#11 - ifempty ()でパラメーターが空かどうかで返り値を変更

基礎#12 - switch ()でパラメーターに応じて返り値を切り替え

基礎#13 - contains ()でテキストが含まれているかどうかを判定

基礎#14 - indexOf ()で特定のテキストが何文字目に現れるかを計算

基礎#15 - replace ()と正規表現で任意のテキストを置換

基礎#16 - split ()でテキストを配列に分割

基礎#17 - floor ()とrandomでランダムな整数を生成

基礎#18 - parseDate ()でテキストをdate型に変換し、addYears/Months/Dates/Hours/Minutes ()で操作

基礎#19 - setYear/Month/Date/Hour/Minute ()でdate型を操作し、formatDate ()でテキストに変換

基礎#20 - contains ()で文に特定のテキストが含まれているかどうかを判定

基礎#21 - add ()で配列に新しい要素を追加

基礎#22 - substring ()で任意のテキストを抜き出す

基礎#23 - map ()で複雑な配列から欲しい情報のみのシンプルな配列を作成

実践#01 - Googleフォームでアンケートの回答を集めて、Slackに通知

実践#02 - YouTubeで動画を検索し、Googleスプレッドシートに追加

実践#03 - ECサイトをスクレイピングして、商品画像等をAirtableに保存

実践#04 - コロナワクチンの摂取状況をAirtableで性別別でグラフ化

実践#05 - Slackで特定のテキストを含むメッセージを一括削除

実践#06 - ShopifyとLINEを連携し、アカウント情報をAirtableに登録

実践#07 - Shopifyのアカウント登録前後で、LINEのリッチメニューを切り替え


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Empty Dressyという無人のレンタルドレス店舗を運営しています。 https://www.emptydressy.com