悲しい事件。それでも憎しみにかられてはいけない。

東日本大震災で多くのかけがえのない人たちを失った経験から言わせてください。
世の中は、とても不条理だ。しかし、いくら恨んでも憎んでも、亡くなった人はもう生き返らない。
悲しいときは思う存分泣いて。そして、今を生きている人は、亡くなった人の分まで、思いっきり楽しいことをして生きてください。
本当はもっと生きて、色々とやりたかった人たちの分まで。
それが残された者の使命だと思う。

世界は美しい。
悲しみと涙に満ちてさえ、瞳を開きなさい。
やりたいことをしなさい。
なりたいものになりなさい。
友達を見つけなさい。
焦らずに、ゆっくりと大人になりなさい。
『CLANNAD』より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうペン!素敵な1日になりますように!
7
気仙沼eスポーツ・サークル代表。 eスポーツ・プレイヤー。 eスポーツ・イベンター。 eスポーツ・ライター。 リアルとヴァーチャル(VRチャット,eスポーツ,ゲーム)の世界を行き来しているおっさんです。 eスポーツを通じ、地域の活性化に繋げたいと動いてます。いずれ世界へ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。