サイコロを描くことは難しい

僕は漫画家です。

漫画を描くことが仕事です。

一人では原稿を量産できないので、作画スタッフと一緒に漫画を製作します。


さて、ある日、新人作画スタッフがやって来ました。

彼は20歳の若者で、将来漫画家を目指しています。

まずは簡単な絵を描いてもらいましょう。

じゃあ、サイコロ。

実際にサイコロを手渡し、「そっくりに描いてください」と言いました。

すると最初に描いてきたのはこんな絵。

制作時間は5分。

「もっと難しい絵を描かせてくださいよ」と意気込んでいます。

僕は彼にこう言います。

「サイコロの角の部分の線が繋がっていなかったり、はみ出して交わっていたりするね。実際のサイコロは線が線が繋がっていなかったり、はみ出したりしているかな?時間は気にしなくていいからさ。よく見て、もう一度描いてみてよ」

新人君は、「細い人だなぁ」と不満そうな顔をして、自分の机に戻っていきます。

そして、また10分後に「出来ました!」とやって来ました。

「確かに角と角の線は繋がったけど、実際のサイコロをよく見てよ。角は尖っているかな?よく見て、もう一度描いてみてよ」

新人君は「先にそれを言ってくださいよ」という顔をして、自分の机に戻っていきます。

そして15分後。

「確かに角の線は繋がったし、丸くなったけど、角が丸くなったんだったら、ここだけ尖っているのはおかしいと思わない?サイコロの角が丸いのには理由があると思うんだ。だって、角が尖っていたら転がらないじゃん。形には理由があるんだよ。よく見て、もう一度描いてみてよ」

ここ

「一体どうしろって言うんだよ」と、新人君は声には出さずに自分の机に戻ります。

で、30分後。

「なるほどね。2重線で丸みを表現したんだ。でもさぁ、実際はサイコロにこういう線は入っていないよね?もっと言えば輪郭線もないよね。でも、線を引かなきゃ絵にはならない。どうしたらいいかな?例えば、光はどの方向から当たっているだろうか?サイコロの材質は何だろうか?よく見て、もう一度描いてみてよ」

さて、次に新人君がやって来たのは1時間後でした。

「あー、これ昔の僕の漫画を見て描いたでしょ?確かにこういうタッチを使った時もあったよね。この時はこれを描いたスタッフが、『こういう風に描こう』と判断したんだろうね。でも、それはその人の判断だよ。じゃなくて、君の判断が見たいんだ。僕は『(実物と)そっくりに描いてください』って指示したんだよ。よく見て、もう一度描いてみてよ」

次に新人君がやって来たのは2時間後。

「お、今度は人気漫画家の◯◯さんのタッチを参考に描いたね。確かに◯◯さんは僕よりはるかに絵が上手いけど、僕は『(実物と)そっくりに描いてください』って指示したんだよね。インクという画材を使って、目の前にあるサイコロを紙の上に再現してほしいんだよ。よく見て、もう一度描いてみてよ」

それから3時間。

新人君はやって来ません。

「何をしているのかな?」と見に行くと、ひたすら点描でサイコロを描いています。

「いやいやいや。『時間をかけて仕事をしたから、勘弁してください』って描き方はどうかな?僕に許されるために描いた絵を見たいんじゃないんだよ。君がサイコロを見て、君がそれをどう判断したのか?僕は君の絵が見たいんだよ。よく見て、もう一度描いてみてよ」

それから3時間。

新人君は 1本も線を引くことができず、体調の不良を訴え出しました。

果たして1年後、彼はどうなったでしょうか?


1.僕の趣向を分析し、描き直しを命じられない程度にやり過ごす方法を身につける(世渡りを覚える)

2.自分の絵を独自に進化させる(大失敗する時もあるが、想像を超える絵を描く時もある)

3.「私はロボットです。線1本に至るまですべて指示してください」と自我を捨てる(言われたことしかしない。それも裏返しの自我だと思いますが)

4.「漫画家になったら、背景画なんてアシスタントに描かせるんだから、上手く描ける必要なんてない」と開き直る(そして辞める)

漫画家になれるのは2のタイプじゃないかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

84

コメント6件

なんてやさしい先生だろうと感心しました。
楽しめなければ続きませんね。
酷な注文のような気がします。面で表現することは、石膏デッサンとか木炭画などを勉強していないと描けないでしょう。マンガだけを描いてきた人には、難しいのでは。初めから「デッサンやったことある」と訊けば、済むことのような気もしますが、いかがでしょうか?
画力や表現については、こちらのnoteが参考になります。😉

絵の練習経験がない人とお絵かきしてみた|泥水 @pure_doro_mizu|note(ノート)https://note.mu/zigp222/n/n0f7d138020a6



実際のところ、萬画と絵画と製図では描き方=描線や輪郭の取り方、空間の捉え方と表現などがまるで違うため、例えば「対象物の輪郭を線として抽出する」スタイルに慣れた人には、絵画美術のデッサンにおける「対象物の周囲の空間を描く」「鉛筆の濃淡だけで陰影やテクスチャを表現する」手法が馴染まない(もしくは理解できない)可能性があるかもしれません。😔
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。