アビスパ福岡戦レビュー     足をそろえて
見出し画像

アビスパ福岡戦レビュー     足をそろえて

湘南のかねしゅー

こんばんは!先日のアウェイ福岡戦は良い試合の入りはしたもののトラブルもありなんとか勝ち点1をもぎ取りました。苦しい状況が続いていた中で最低限連敗を止めて走り切った選手たちにお疲れ様と言いたいです。

次節は神奈川ダービー横浜F・マリノス戦。強豪相手に勝ち点3を取るためにもしっかり振り返りましょう。

アビスパ福岡スタメン

画像1

右サイドバックには札幌から加入した柳を起用しました。中盤はハードワークを欠かさず舵取りもでにる前と田邉を起用。最前線はJ2得点王を獲得したルキアンに 好調山岸の2トップ。各ポジションに特徴を持った選手が揃っていてシンプルに攻め切る、守り切る力があると思っています。我々は緻密に相手の嫌なとこをついていきたかったですね。

湘南ベルマーレスタメン

画像2

ゴールキーパーは谷に戻りました。CBの真ん中には舘が久しぶりのスタメン起用。脳震盪の疑いがあった田中聡は欠場し、中盤のアンカーに米本。インサイドハーフにはタリクと茨田が入りました。前線がウェリントンと 瀬川なので特徴を活かした動きやボールを入れて福岡のディフェンスを混乱させたかったですね。

ひっくり返す

福岡はショートカウンターが強みです。ボールを奪ってからの鋭い出足でサイドバックが駆け上がり、クルークスや湯澤といったクロスの精度の高い選手がパワーのある前線2枚にシンプルに上げて攻め切る。シンプル故に迷わない、スピードが速くやり切る力がある。湘南はそのようなカウンターをやらせないために福岡の攻撃時には無理に奪いに行きませんでした。

画像9

ショートカウンターに強みがある福岡は自分たちで保持する攻撃にはやや難があり足が止まるシーンが目立ちます。シンプルにルキアンに放り込むものの、舘が高いラインと読みで最終ラインを締めコンパクトに保つ湘南はセカンドボールを回収。反撃に出ます。

画像10

焦りもありサイドバックが上がり無理に縦につけようとした福岡。サイドが空いてカウンターに。

サイドバックが高い位置を取り、CBは跳ね返しに強いタイプの福岡はサイドを使ったカウンターに手こずります。瀬川が大きく開いて逆にこっちがカウンター。  福岡のお株を奪うかのような速攻と素早い切り替えで 湘南が前半を優位に進めました。

画像3

勝ちたいが故に…

福岡は湘南のカウンターを嫌がり少し後ろ向きにポジションを取ります、しかしそうなれば今度は保持。米本を経由しながらじっくり攻めていく湘南。相手の嫌な部分をついて自分たちの判断で試合を進める理想的な展開に。ただこういったときにうまく行かないのがサッカーです。クリアボールに競り合った瀬川とグローリ。瀬川はアフター気味に蹴ってしまいこの日2枚目のイエローカードで退場。前半もあと少しだったので無理をする場面ではありませんでした。しかし瀬川はサイドは抜けて起点になりながらゴールを狙うというタスク、いつもと変わらずプレスをかけながら中央で構えるウェリのフォローもしていたことを考えると頭がそこまで回らなかったのかなと思います。チームも不調で気持ちを全面に出してくれていたからこそ悪い方向に出てしまった。  サッカーならばこれも仕方ない。終わったことに目を向けるより次どうするかを考えたほうが勝利に繋がる。 瀬川は一旦お休みしてまた次の試合で暴れてもらいましょう!瀬川気にすんな!

画像4

湘南の戦いとそろう意識

画像5

湘南はポジションを変更。441にしてウェリを最前線に置きました。広教、茨田に変えて山田直輝と永木を投入します。中央を締めながら起点にするなら山田直輝の方が良く運動量と判断がものをいう1人少ない中の中盤は 永木が適任なのでこの交代で湘南の方向性が決まったかなと思います。5バックにすると後ろに引いてしまいサイドから福岡の特徴であるクロスを上げられるので、 あえてミラーにして1対1の局面を作りながら下がりすぎないようにしたのも流石でした。ウェリにはどうしても宮とグローリをつけなければいけないので湘南は局面では1対1になりサイドに追い出すことに成功。福岡は前半同様自分たちで持ちながら相手を崩すのに苦戦。1人の不利を感じさせない戦いを湘南は披露します。

画像11

画像12

ウェリをセットプレーの跳ね返しのためにも残しながら湘南は勝てる可能性を最大まで高めます。運動量が必要なサイドをタリク→池田に変え、ラストに得点力を高めるために大橋を投入。守備のバランスを考えながら勝負どころでの投入は結果に繋がらなかったものの意図を感じる積極的なマネジメントだなと思いました。

画像6

永木、米本が必死に走って真ん中のスペースを埋めサイドに追い出す。サイドは2人でマンツーマンのような形で深い位置まで侵入させない。このように意図が揃えば10人だろうとポジションが違くてもまともに戦えるんですよね。もちろんみんなの気持ちの高さや集中があったからこそではありますが考えがそろっていればサッカーは勝てる。11人の時にこれがやれれば勝てるんですよ。そのような自信のつく試合だったのかなと思いました。足をそろえて全員が同じ方向を向く。湘南の今季はこれができるかどうかだと思います。

画像7

まとめ

いやぁ永木はやっぱり凄いですね。やるべき事を瞬時に判断できる。後半安定したのは永木がはっきりプレーしてくれたからかなと思います。舘も良かった。難しい 状況になりながらもルキアンには仕事をさせなかったし未然にボールの出どころを読んで潰してくれていたからピンチにならなかった。

ウェリのが決まってれば最高だったんですけどね〜  勝利は次の試合で!マリノス戦勝ちましょう!

画像8

山本雄大さんがあの日以来の湘南担当でした。色々あったもののお互いもう前を向いている。これからもJリーグを盛り上げる仲間として一緒に頑張りましょう!  また会えてよかったです!

公式サイト

https://www.bellmare.co.jp/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
湘南のかねしゅー
湘南ベルマーレを愛してやまない大学生。 サッカーは面白い!