ベガルタ仙台戦レビュー     仲間のために
見出し画像

ベガルタ仙台戦レビュー     仲間のために

現地組の皆さんお疲れ様でした。皆さんのおかげで苦手なアウェイ仙台戦でも雰囲気に飲まれずに戦えたと思います。僕自身非常に不安な思いを抱いていた中でテレビから聞こえてくる手拍子に勇気を貰えました。

選手たちもそれに呼応するかのように生き生きとプレーしていましたね。大事なゲームを勝ち切った選手たちを誇りに思います。

それではスタメンからどうぞ

ベガルタ仙台予想スタメンとスタメン

画像1

画像2

大体は合ってましたね。ボランチの脇のところを突きたいのでフォギーニョが嫌だなと思っていたのですがベンチスタートということで少し安心。注意するのはFW2枚の動きです。ワイドに開いたら落ちてきたりと多様な動きをしてくるのでここをうちのCBに止めてもらうのがこの試合のキーポイントになりました。

湘南ベルマーレ予想スタメンとスタメン

画像3

画像4

これ言い訳っぽくなっちゃうかもなんですけど広教と舘ブログあげる直前まで迷ってたんですよね笑。対人での対応でFWを抑え込みたいので舘の方が良いかなという感じです。使い分けができるのは層が厚くなったなと思います。FWも大橋と町野を予想しましたがタリクとウェリントンでしたね。ここはセットで来るだろうと思いました。仙台のペースを落としたいので走れてチームを動かせる大橋と町野か攻撃面でのクオリティで点に絡めるタリクとウェリントンのセットという感じの予想でした。どちらも見事に外してしまった…笑

耐える 走る 強みを活かす

仙台は勢いのあるうちはかなりアグレッシブな攻めを繰り出します。まずは耐えること。セットプレーから押し込まれますが魂の守備でピンチを凌ぐと後ろにボールを下げた相手に猛追。茨田がプレスで押し込むことで自分たちはラインを上げました。この切り替えの差でコンパクトになった湘南は相手の長いボールをカット。平岡とタリクがスペースに入り仙台を押し込みます。サイドに渡して畑はクロス。戻りきれていない仙台は大外の拓也をフリーに。ふわっとあげたボール。

画像5

バズーーーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!!ウェリントーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!久しぶりのバズーカ砲が炸裂!じっくり耐えながらも相手の攻撃を受けずに奪いに行った。そして人数で押し込んだことで拓也がフリー。あとは個人の強さを活かして点を取る。スタメン、プラン含めて僕たちが上回り全員が勝利のために動けたゴール。本当に良いチームです。

画像6

空間を支配

スタメンはタリクとウェリントン。彼らは相手を見ながらスペースを消すのがめちゃくちゃ上手い。深い位置まで追いかけるようなことはしませんがスペースを消したことにより仙台の両サイドバックはスペースを使えないので持ち味のオーバーラップやドリブルが活かせず。仙台の攻撃は足が止まり停滞。湘南が空間を支配しましたこれにより前半はほとんどやらせず。湘南の良さとプランがハマった素晴らしい前半でした。

画像7

慌てない

仙台は積極的にボールを運んでタリクのプレスを回避。前半の停滞したムードを打ち消すためにサイドバックも高い位置を取れるようになり猛攻を仕掛けます。それでもうちは慌てない。仙台はFWを走らせて起点にします。そのための舘と山本。ここを抑え込めば仙台の攻撃は怖くない。彼らの地味ながらも素晴らしい対応のおかげで湘南の守備は崩れません。決定機も作らせずに粘り強く対応できました。あとは山口監督の交代カードを待つだけです。

画像8

湘南のために

仙台はすごく走れるというわけではなくある程度後半に強度が落ちます。山口監督は動ける仙台に対しては先に点を取りスペースを消したことで足を止めました。そしてCBに対人の強い舘を起用したことで修正されたとしても仙台の攻撃パターンを封じました。全てが勝つことに拘り湘南の良さを活かしたプラン。後は湘南らしく走り勝つだけ。山口監督を投入したのはそんな選手たちでしたね。疲れた茨田に替わり山田直輝。そのあと3枚替えでCBとしてチームを落ち着かせながらFWの対応も完璧にこなしていた山本から和成。エースとして仕事をしながらも守備を怠らずに動いたウェリントン、複数人を追いかけて攻撃面ではウェリントンの作ったスペースを使ったタリクから大橋と町野。チームのために、湘南のために戦える選手たちを投入しました。

画像9

誰かのために、人のために動ける人。僕はそんな人はある種の才能だと思う。人は誰しも自分のために生きたい。他の人のために動くというのはなかなかできない。俺らのキャプテン、岡本拓也は誰かのために動ける稀有な人間だ。チームがキツイとき、あと一歩届かない時、岡本拓也は誰かのために走ることができる。押し込まれながらも耐えた湘南。そして押し返そうとしてる中、 岡本拓也の足は前へと動いた。仙台のフォギーニョがパスミス、湘南は全体的に押し返したことで前へと出ることができました。拓也はその停滞していた仙台を見逃さず。ボールを掻っ攫ってゴール前に。振り抜け。

画像10

苦しい時期も多かった。自分たちのサッカーが通じない時もあった。そんな時期を支えてきたのは他でもない、岡本拓也という男。特別な技術はない。口下手。   だからこそ背中で見せる。戦う姿勢を、誰よりも走る姿を、チームのために動く魂を。チームを見て、相手を見て、魂を込めて最後に振り抜いた。これが湘南だ。岡本拓也という男だ。今日も魂を込めて吠える。

画像11

フィナーレへ

岡本拓也の魂を込めたゴールで2点差。湘南の選手たちは誰も怠ることなく走ります。大橋と町野は最終ラインにまでプレスをかけ長いボールも収めながら時間を進めて山田直輝は攻守に渡ってフォロー。長いボールに対しては和成が魂のディフェンス。谷が時間を使いながら全員が意思統一して試合を終わらせました。大事なゲームでの快勝。チームのやるべき事をやった結果です。  今シーズン積み重ねた守備や攻撃での立ち位置はもちろん湘南の原点を改めて見せてくれた試合でした。あとひとつ。フィナーレに向けて僕たちは最後まで走り続ける

画像12

まとめ

本当に大きな勝利でした。残留争いの直接対決ということもありますが何より湘南の1番大事な部分で上回った ゴールが嬉しかった。

あとひとつ。全員でひとつになって。絶対に勝ちましょう。まだ何も成し遂げていない!

画像13

誕生日おめでとう我らが守護神!

引用リンク

公式サイト



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
湘南ベルマーレを愛してやまない大学生。 サッカーは面白い!