見出し画像

季節の変わり目に

夜が涼しい

半ズボンの裾から出た足に
ひんやりとした気配を感じる

八月の後ろ姿をぼんやりと眺める
これで人生三十三度目の夏

スッゲー久しぶりに帰省した友人が
ゆっくり話す暇もないまま

また会おうな

そう言って去っていくときの
言い表わしようのない虚無感みたいに
そこにあるはずの何かを失った感がある

「失った」のに「ある」

だなんて日本語は本当に難しい

布団に入るときのBGMが
カエルから鈴虫に変わっている
お盆明けくらいからだろうか

毎日を踏みしめているようで
そんなことにも気付けずにいた

久しぶりに情緒的な気分になって
言語化してみたくなったのでnoteへ

川のせせらぎと
鈴虫の鳴き声で
明日の朝へとワープ

おやすみなさい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 家族に美味しいものをご馳走しようと思います。

ありがとうございます!励みになります!
5
地方映画館運営スタッフ / 個人事業主 大学中退👉ニート👉音楽イベントをゼロから立上げ👉一度閉館した映画館新生PJT参加👉赤字映画館の企画・運営スタッフ就任 / 映画🎬知識ゼロで収益ベースに乗せるトライ実践中💪 http://toyogeki.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。