僕とオートバイ

3

モトグッツィルマンⅢ

#レビュー  回顧主義ではないが、古い家具や機械に憧れる若者も少なからずいるだろうし、真新…

僕とオートバイ#2 生きる

僕が今日、居なくなってしまうかもしれないと君に言ったら、いったい君はどんな顔をするのだろ…

僕とオートバイ#1

まるでその乗り物が若さの象徴であったような時代がある。それはきっと遠い遠い過去の話であっ…