iOSDC Japan 2021 参加報告
見出し画像

iOSDC Japan 2021 参加報告

iOSDC Japan 2021 が無事開催されてほっとしています。一番最後のアンカンファレンス(延長戦も含め)が終わった直後「よし終わったな」と安らかな眠りにつきました。そしてブログを書くことを完全に失念していたことに気がつき、今ようやく書き終わりました(そもそもアンカンファレンスのテーマが「ブログ書こうぜ」でしたが、おそらく開催中に書いた人はいなかったかと...笑)。
今年はリモートでコアスタッフとして、さらにスピーカーとしても参加させていただきました。iOSDC Japan 2021 に関わっていただきましたみなさま、本当にありがとうございました。簡単に今年の感想を書きたいと思います。


スタッフとして(事前準備)

今年は、トークの編集作業などに携わりました(とは言っても開始と終了の時間調べたり、きちんとトークタイトルの読み上げ入っているか、などの軽い作業ですが笑)。立木さんのトークタイトルの読み上げを何回も連続で聞いていたおかげで、しばらくあの読み上げが頭の中でループし、テンション爆上がりでした笑(あのナレーションは本当に良かった)

スタッフとして(当日)

今年も去年に続きリモートでの参加でした。Day2のオープニングで実行委員長の長谷川さんがスタッフの運動不足を懸念していましたが、リモート参加の場合、基本椅子に座っていてほぼ無動なため、この運動不足感はさらに強まります(後で書きますが代わりに頭の運動は結構します)。
リモート参加の主な仕事は、Ask the Speakerのお手伝いをすることで、僕はTrack Aの担当でした。とは言っても「始めまーす。」「ご質問、ご感想ある方いらっしゃいますかー?」「終わりまーす。」の3つで大体は終わるというもので、あとはスピーカーや発言される方にお任せという形なのでそんなにすごいことをしているわけではありません。しかし、緊張しやすい人間なため、これらのことを言うだけでもドギマギしてカミカミになってしまいました(聞きづらかったらすいません)。あとは、皆様が書き込まれた内容から質問などを拾っていくのですが、昨年のTwitter、ニコ生コメントに加え、今年はDiscordのテキストチャットのチェックを行なっていたため、なかなか大変でした笑。そして今年は、部屋のスタイルを変えた影響で、昨年よりも外部モニタが一つ減って2画面で見ていたことにより、画面の切り替えが発生して、それが余計な負荷になってしまったことが、失敗でした。もし次ある場合は3画面体制でいこうと思います。そんなバタバタがありつつも、Ask the Speakerは、発表には出てこなかった話なども聞けるので、とても面白く有意義な時間だなあといつも感じています。今年も良かった。参加していただきましたみなさま、ありがとうございました。

スピーカーとして(発表のきっかけ)

今年はスピーカーとしても参加させていただきSwift Concurrencyについて話しました。興味を持ったきっかけとしては、元々C#やJSでasync/awaitを使っていた経験もあり「Swiftにもついにやって来たんだなぁ」くらいな感じでSwift Forumsやプロポーザルを見ていました。しかし、どんどんスレッドが立てられ、新しいプロポーザルもどんどん出て来て「何が起きているんだろう?」と気になって追っていく内に、いつの間にか追っていくことにハマってしまいました(iOSDC チャレンジのトークン探しみたいな感じですかね笑)。追っていくと機能の背景や現在に至るまでの考えの遷移を知ることができたり、これまで知らなかったことを連鎖的に知ることができるのでとても有意義です。
そんな折、わいわいswiftcという別のイベントでお話しする機会をいただき、スライドの作成やこれまでのまとめをすることが発表に繋がりました。本当にありがとうございました(自分のまとめ力がないせいですが、まさかの合計9時間トークになるとは思ってなかったです笑)。


スピーカーとして(事前収録)

今年も発表は事前収録でした。事前収録の良いところは、自分の都合に合わせて何回でも収録できる点です。あまり多くは語りませんが、今年は諸々あって気がつけば11回収録をしていました笑。何はともあれ無事に収録を終えることができました。

スピーカーとして(当日)

当日は発表を聞いているだけなので全然やることはない、と思われがちですが、それでも発表中に質問やコメントもいただけるので、できる限り応えたいという思いもあり、Twitter、ニコ生コメント、Discordのチェックをしていました。しかし、僕のキャパを完全にオーバーしており、ニコ生コメントとDiscordのテキストチャットで精一杯でした。コメントしてくださったみなさま、ありがとうございました。TwitterやDiscordのボイスチャットで何か質問などしていてまだ回答していなかった場合、もしよろしければどんな形でも良いのでご連絡くださいmm
Ask the Speakerはたくさん質問もいただけ、色々な方と話しながらわいわいできたのでとても楽しかったです。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
発表後、またスタッフ業にすぐ戻ったのですが、後々Twitterのコメントを見ていると、優しさ溢れる温かいコメントがたくさんあって本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

まとめ

総じて今年も楽しかったです(語彙力のなさ...)。オンラインではありましたが、こうやって多くの人とコミュニケーションをする機会は僕にとって大事な時間で、こういう場所や機会を提供することにささやかながら携わっているのはとても幸せです。これからもこういった人と人が繋がれる場所を作ってくお手伝いができたらいいなと思っています。
来年はどうなるのかまだわからないですが、どんな形であれ、僕は来年もみなさまにお会いして楽しい時間を過ごしたいです。

最後になりますが、発表をしていただいたスピーカーのみなさま、様々な形でご支援していただきましたスポンサーのみなさま、ご参加いただいたみなさま、一緒に運営に携わっていただいたスタッフのみなさま、本当にありがとうございました!

追伸

おじさんの肌に水分が足りないせいか、タトゥーシールは結局腕に貼れず、しばらく机の上に記念に残しておくことにしました(透明テープで保護した)

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2020年4月より福岡でiOSエンジニアをやっています。かつてはモバイルからインフラまでやる雑多なエンジニアでした。使用言語はSwift、Kotlin、C#、PHP、Java、Javascript(Angular, Node.jsなど)。