行こうみんなでワークマン

 ワークマンは素晴らしい。ワークマンが素晴らしい点を挙げれば限りがないが、まず価格が安い。例えばトレーニングウェア、ほかの店ならば5000円以上するような商品が、半額以下の値段で買うことができる。ユニクロと比べて1000円単位で安いことに、恐ろしささえ感じた。

 品質も素晴らしい。動きやすさや蒸れなさ、防水といった機能が非常に優れており、外仕事や山登りに問題なく使えている。もともと作業服専門店のワークマンからすれば、これらの品質は当然の事かもしれない。もちろん、登山ウェア専門店の高額商品に比べたら、品質、とくに耐久性は劣る。しかし値段が安いため、ボロボロになったらすぐに買い替える、という割り切った使い方ができる。

 ワークマンの魅力はそのデザインにもある。ワークマンというとあまり恰好悪い印象があるし、実際に店舗に行ったらデザインがとてもダサくて、買うのをためらってしまった。しかし突き抜けたダサさを目の当たりにして、一周回ってそのダサさが良いのではと思ってきた。そして、下の写真の商品を買ってしまった。勝った気分なのか、負けた気分なのか分からなくなった。これを着て、コンビニへ買い物に行った。自転車を全力で漕いでいると、宇宙と一体になったような気がした。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1