見出し画像

仕事がなくなるという危機感

会社を経営する上で、

常に危機感を持たなければなりません。

ただ、その危機感は社長が持っているだけではいけません。
社員全員が持っていなければいけないのです。

だから私は社員全員に「経営者意識を持て」
と言うのです。

この先仕事は減ります。
仕事が減った未来を現在と考えると、このままのやり方では
駄目だ、ではどうするか、を自然と考えると思います。

世界経済、日本経済から業界がどうなるか考える。
そして、この先のトレンドを考える。
考えるためには情報を得ることを怠ってはなりません。


「経営とは時代の先取り」であり、
「利益は将来の安定の担保」です。

過去の行いで得た利益が今の会社をつくっているように、
現在の行いで会社の未来がつくられるのです。

お客さまのニーズ×自社の強み×トレンド

これを軸に、お客さまに選ばれるような、
付加価値を生み出し続けられる企業でありたいと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。