見出し画像

決断することで生まれる苦痛からは卒業しよう

バタバタとバッキングをした。キャンプ道具を入れたら、ノースフェイスのキャスター付きバックパックは8割くらい埋まってしまった。洋服を詰めて、ほぼパンパン。お土産はあんまり買えないなぁと少し残念な気持ちになる。

Amazonで事前に買っておいた海外のsimを試しにiPhoneに入れてみた。なんかへんな表示。調べると、このiPhone、まだsimフリーじゃないらしい。はぁ、、、、。分割で買ったら、購入から100日経たないと、申請しても受けてもらえないときた。ギリギリでiPadと交換したSEをメイン機にすることにした。

1人旅、というものはほとんど経験がない。30歳になる誕生日に大好きな佐渡へ行ったくらい。海外はそれなりに行ったけど、全て友人と一緒だった。

(今回も、10日くらいしたら、日本の友達と合流するのだけど)

この間の取材で、決断することで必要になる苦痛について考えたのだけど、僕にとってはそれがすごく苦痛なのだ。1人旅を好まないのは、自分で決める必要があるからだと思う。いや、結構寂しがりやなので、さみしいっていうのもあるけど。

友達と行くということは、自分自身の都合だけでなく、相手の都合も含めて物事が決まっていく。

決めるっていう行為は、思考も時間も取られる。それがとにかく面倒くさい。

今回は1人旅。自分で行く場所を決め、交通手段を確保し、宿を取った。自分で決めた。自分に責任がある旅。この旅を通じて決めることで得れるハッピーを実感できたらいいな。

さぁ、ヒースロー空港から、ウィーンへ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

将来的に「フェスティバルウェルビーイング」の本を書きたいと思っています。そのために、いろんなフェスに行ってみたい。いろんな音楽に触れてみたい。いろんな本を読みたい。そんな将来に向けての資金にさせていただきます。

7
野外フェス・社会・編集をディグってます。 フェスはもっと人や社会の役に立てるはずって思いから #フェスティバルウェルビーイング をnoteを書いてます。《 海外フェスの取材に行きたいです、お仕事ください 》
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。