_はじめに_の前の__はじめに_-8

夫がいなくても生きていけるけれど、いた方が楽しいから一緒にいる

❤︎ルール17❤︎
夫がいなくても生きていけるけれど、いた方が楽しいから一緒にいる

妻として最強に愛される、ということは、夫となる男の人から「俺は何度だってこの女と結婚がしたい!」「この女の夫であり続けたい!」と思われること、「まだ結婚していなかったとして、今ならまだこの結婚を取り消せるとしても、俺はこの結婚をする!絶対にしたい!」と思われて、たった1つしかない妻枠の女に選ばれつづけること、なんだと思います。

この続きをみるには

この続き:888文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
25本以上の記事を投稿します。現在、執筆中です。

妻として愛されるためのルールブックです。書籍化予定ですが、書籍化の際には尖っているところは削る可能性が高いので、こちらはnoteオリジ...

または、記事単体で購入する

夫がいなくても生きていけるけれど、いた方が楽しいから一緒にいる

下田美咲

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとう!すごいことだなぁとキュンとしてます。大切に使うね。そうして感じたことを、また書くね。

いつも読んでくれてありがとう♡
22
ホームはnoteです。毎日更新中♡ マンツーマンのやり取りでお悩み相談をご希望の方は、オンラインサロンにて対応しています!著書は「人生の作戦会議!」「新型ぶりっ子のススメ」など全5冊。姉ageha、cakesにて連載中。コール日本一、飲み姿かわいい選手権GP。

コメント1件

大きな転機の一つの、この前提にもある旦那さんに仕事辞めてもらったことは、今までの「旦那さんが生活費払ってもらう前提」からの大きな変化であり、「生活費払ってもらうからこその〇〇」が覆されたけどむしろそれ以上旦那さんを好きになり、生活費払ってもらうからこそのエトセトラを超えたそのこととは?!みたいなのは明確に聞いてみたいです。興味があるのはもちろん、ちょっと今までの書籍と突然の方向転換のように見えて、noteの質やイメージ、努力がわからないと、、えっ、、となるポイントかと思い、せっかくならそういう無駄な足引っ張りにあって欲しくないのでという想いで発言でした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。