第39回

「湿気のある熟女」は最強だ。

梅雨のジメッとした空気がイヤだと除湿器をかけ、冬場の乾燥した空気がイヤだと加湿器で潤わせる。まこと人間はワガママな生き物である。

熟女に限ったことではないが、女にはいろんな意味で潤いが必要だ。
肌や髪といった外見もそうだが、女を潤わせるものの代表格といえば恋愛だろう。しかも不倫のような「禁断の恋」ほど、湿気具合は高くなる。

禁断の恋には、秘密と背徳感と淫靡さが絶妙なエッセンスとなる。
そもそも誰にも打ち明けられないような相手に恋するということは、理性など吹っ飛ばすくらい本能がバリバリ優勢になっている状態だ。それは恋と呼ぶのもおこがましい、ただの肉欲である。
だが当事者たちは「これほど誰かを深く愛するなんて」と自分に酔い、肉欲の相手と「沼」に堕ちてゆく。

この続きをみるには

この続き: 1,729文字
記事を購入する

「湿気のある熟女」は最強だ。

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
2
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

この記事が入っているマガジン

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。