『息吹』テッド・チャン

現代SF界を代表する作家テッド・チャン

知性の極限を追求した世界最高水準のSF作品集、ついに刊行! 「あなたの人生の物語」を映画化した「メッセージ」で、世界的にブレイクしたテッド・チャン。待望の最新作品集がついに刊行。人間がひとりも出てこない世界、その世界の秘密を探求する科学者の驚異の物語を描く表題作。『千夜一夜物語』の枠組みを使い、科学的にあり得るタイムトラベルを描いた「商人と錬金術師の門」をはじめ、各賞受賞作を含む9篇(初訳5篇含む)を収録。

 〈本書収録作〉
「商人と錬金術師の門」*ヒューゴー賞、ネビュラ賞、星雲賞受賞
「息吹」*ヒューゴー賞、ローカス賞、英国SF協会賞、SFマガジン読者賞受賞
「予期される未来」
「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」*ヒューゴー賞、ローカス賞、星雲賞受賞
「デイシー式全自動ナニー」※初訳
「偽りのない事実、偽りのない気持ち」※初訳
「大いなる沈黙」※初訳
「オムファロス」※初訳
「不安は自由のめまい」※初訳

あらゆる生とその喪失の本質を、玲瓏たる工芸品のように造形した小説。
「息吹」は、傑作も名作も超えた別次元の「存在」だ。
飛 浩隆(日本SF大賞、星雲賞受賞作家)

おそらくこれを超えるSF短篇集は向こう十年出てこないだろう。
チャンは人類という欠陥まみれの種に、そっと寄り添ってみせる。
その寄り添い方が素晴らしい。
安易な共感を超えた本物のヒューマニズム。
佐々木敦(批評家)

ここに収められた短篇を読むことで、人間について理解が深まる。
最上のサイエンス・フィクション。
バラク・オバマ(第44代アメリカ合衆国大統領)

チャンの物語は、研ぎ澄まされていて、
妥協がなく、まばゆく光り輝いている。
コルソン・ホワイトヘッド(ピュリッツァー賞受賞作家)

アメリカ〈ニューヨーク・タイムズ〉紙2019年ベスト10ブック&
〈タイム〉誌2019年必読書リスト選出!

人間賛歌

ITやテクノロジーによって、過去・未来を知ることができるようになったとき、そして、過去や未来を変えることはできないと知ったとき人はどうするのか。

本書では、「変えることはできないが、過去や未来をよりよく知ることができる(商人と錬金術師の門)」、「間違いを認め、他者に寛容になることができる(偽りのない事実、偽りのない気持ち)」と述べられている。

決して人間を否定するものではなく、そうした時こそわたしたちの知性が問われるのであり、過去や未来に捉われるのではなく、いまここをいかにして生きるかが大事である。大げさな解釈かもしれないが、本書は人間賛歌の小説であるともいえるのではないだろうか。


4
本の要約とか感想とか
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。