画像1

【Track Town SHIBUYA】20191025 「大迫レース」提案で妄想?

2019年10月25日(金)13:00-13:55放送
00:00 | 00:30
【Track Town SHIBUYA】2019年10月25日(金)13:00-13:55放送

テーマ:「大迫レース」の提案で妄想?日本のレースの賞金と強化費のあり方

★パーソナリティー:
 横田真人コーチ(NIKE TOKYO TC)
 金曜責任編集:西本武司

*** TTS(Track Town SHIBUYA)は、2020年東京オリンピック・パラリンピックで新国立競技場を陸上競技でいっぱいにしてしまおう、と目論んでいる番組です。***

▽▽▽
本日は、西本さんと横田さん、畔蒜さんの三人でお送り致しました。先週に引き続きオリンピックマラソン開催場所の札幌への変更問題と、「大迫レース」の計画を立てました。
▽▽▽

▼続・オリンピック札幌問題

先週に引き続きこのお話。

・東京朝3時スタートor札幌開催どちらに決定されるか?
→持続的な夏マラソンをやるなら夜。24時スタート?
 ※ 意外と夜案がでないワケ
   時差が東海岸13時間、西海岸は16時間
  (サマータイム)なので、日本の夜開催では
   西海岸は早すぎるのか?

→ラグビー観戦でも見られたように、お酒×スポーツ観戦を陸上にも!
・札幌周回コースの面白さもある
→周回する分、何度も見られる
→タイムを狙いやすい
→放送しやすい

マラソンコース計測のお話。

・アメリカは計測を1人で行うのに対し、日本は3人で計測を行う。
→「ジョーンズカウンター」付き自転車を転がして車輪で測る。

▼「大迫レース」の提案

大迫傑選手が「2021年3月あたりで日本で大会を行う」と宣言
それに川内選手、横田さんがツイート

・そもそもMGCではなぜ賞金が出されなかったのか?
アメリカは出る。
選手は名誉だけでなく生活のためにも走っている
→日本では、実業団で賞金を受け取れない選手もいるから?
強化コーチ等がほぼボランティアの状態は持続的でない
補助金が入る以上チェックは必要
  → 事務処理がたいへん
  → むしろ賞金の方が楽
強化の検証がないのが問題
マラソンは「情報の共有」が進んでいない
「日本の賞金と強化費のあり方」を見直す必要がある!

・「大迫レース」の妄想
→場所の候補は3つ。「鈴鹿サーキット」「箱根」「昭和記念公園」
畔蒜さんは「鈴鹿サーキット」推しでした。
鈴鹿で周回、プレス席はばっちり
・「鈴鹿サーキット」で「大迫レース」をやるメリット
→アミューズ×ホンダでスポンサーはばっちり!
(大迫選手のマネージメントはアミューズ)
→アミューズなら渋ラジでお馴染み福山さん、パフュームも?!
F1車で先導、ピットもあるぞ
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
106
ダイバーシティ、シブヤシティ。FM87.6MHz「渋谷のラジオ」の公式noteページです。