マガジンのカバー画像

SHB(シェアビュー)の取り組み

7
シェアビューメンバーが取り組んでいる内容についてまとめています。広告事業やDX事業やサロン事業のメンバー、そして彼らをサポートするコーポレートメンバーの熱い挑戦をぜひご覧ください。
運営しているクリエイター

記事一覧

コンテンツマーケティングの「落とし穴」

コンバージョンポイントばかりを重視していないか──。国内化粧品市場は堅調に拡大し、それに…

感覚に頼ったコンテンツ設計はもうやめよう!

リッチメディア営業部の平野です。 突然ですが、御社の広告はしっかりと生活者に届いています…

そのコンテンツの価値、正しく評価できていますか?(後半)

一般的なWebサイト計測ツールで取得できるページビュー数・クリック数・読了率などの指標だけ…

化粧品業界でコンテンツマーケティングが求められる理由

化粧品業界において、コンテンツマーケティングの取り組みをされるメーカー様が多く見受けられ…

【事例紹介】エデュケーション動画視聴後のユーザーの意識変容

動画広告市場が伸びていく中で、動画施策に注力する企業様が増えていますが、実施効果があった…

検討フェーズの生活者にアプローチする重要性

「認知してもらえれば、購入してもらえる」という考えは、既に通用しなくなってきています。認…

「選択疲労」状態の生活者に届く情報とは何か!?

情報やモノで溢れる現代社会において、メーカーの商品を生活者に購入してもらうために必要な要素とは、何なのでしょうか。今回は、「自分事化」というテーマからお話します。 プロモーションの大量投下時代から、生活者に答えるプロモーション時代へ 「生活者は購入前に、インターネット上の情報収集により購入する商品をすでに決定している」。これは購買行動においてGoogleが提唱しているWebマーケティング理論、「ZMOT(Zero Moment of Truth)※1」です 。 図1 Z

スキ
3