見出し画像

【#国際学院中学校高等学校】労基署から残業代不払い等の是正勧告が出されるもその後の団体交渉を拒否!

総合サポートユニオン

 皆さんこんにちは。私たち私学教員ユニオンは、埼玉県北足立郡伊奈町にある国際学院中学校高等学校(以下、国際学院と表記)と労働環境改善に向け、団体交渉(話し合い)を行っています。

 これまでの交渉の状況はこちらのブログ記事をご覧ください。

 今回のブログ記事では、この間の交渉の進捗状況について、報告したいと思います。

◆教員の大量退職や教育の質の低下の懸念と向き合わない学校

 国際学院では、労働法が軽視され、労働環境や待遇の不十分さから毎年多くの教員が離職しています。また、このような毎年のように教員が交代する環境では、生徒への教育の質の低下も懸念されています。私たちの主な要求は、学校に対して労働法をしっかり守らせることによって、生徒へのより良い教育環境を整備することです。

 これまでの団体交渉では、学校側は現場の教員たちの労働実態を知っていると思うのですが、問題を認めませんでした。今年3月の第2回の団体交渉において、学校側は「本校は労働基準法を遵守している」とし、さらに「教員においては一切の時間外労働は認められなかった」などと主張していました。

◆さいたま労働基準監督署から残業代不払いなどの是正勧告


 
 あまりに事実と反する不誠実な回答を学校が繰り返すため、本件に関して、私たちはさいたま労働基準監督署へ通報しました。その結果、学校へ調査が入り、労働基準法違反が認められたため、6月に是正勧告(行政指導)が正式に出される形となりました。是正勧告は主に次の3点です。
 
①36協定等の労使協定の締結にあたり、労働者代表者の選出が適正になされていなかった。
②労働時間管理が適正になされていなかった。賃金台帳への労働時間未記入が認められた。
③時間外労働および割増賃金の未払いが認められた。
 
 上記に関して、学校は今年の8月末までに違法状態を是正し労基署へ報告することと、9月26日までの支払いを完了するよう指示されている状態です。

 特に重要な点としては、以下2点です。1つ目は、労働時間の適正把握です。労働時間は客観的に把握する義務が使用者には課せられていますが、実際にはできていませんでした(「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」)。過重労働をなくすためには、そもそもの労働時間の客観的把握が大前提です。今後、実際の労働時間が把握されることで、過重労働の抑制が期待されます。

 2つ目は、残業代未払いに関する違法性が認められたことです。これまでは、どれだけ働いても原則定額給料の「定額働かせ放題」の状況でしたが、今後は上記のように実労働時間を踏まえて1分単位で残業代が払われることになります。

 現在、「給特法」の下で働く公立学校の教員の長時間労働や残業代不払いが話題となっていますが、同様の働き方をしている私立教員では、労働基準監督署が是正勧告を出し、残業代の支払いが認められるというのは矛盾しています。公立教員の環境を改善するためにも、同一労働をしている私学教員たちが声を上げて矛盾を顕在化させていくことの重要性は高まっていると思います。

 現場の教員たちが、仲間と共に声を上げることで、教員の働き方全体に影響を与えていきたいと思います。

◆解決に向けた団体交渉を拒否する不誠実な学校


 その一方で、今回の労基署からの是正勧告に基づき、再度私たちは団体交渉を学校へ申し入れましたが、学校からは先延ばしにされ続けています。学校側から私たちへ出てきた残業代の計算書に関しては、計算内容が不明瞭な点があるなど、確認が必要な状況があります。

 「誠実に貴ユニオンと交渉する」と言いつつ、団体交渉を拒否し続けているのは矛盾しています。正当な理由のない団体交渉の拒否は、労働組合法違反です。
 
 また、改善に向けて動き出したかと思いきや、「残業をする場合は事前に申請をするように」と管理職から指示を受け、職場の権力関係の中で、実際の労働時間を申請できないという新たな問題も生じ始めています。このような形だけの改善では意味がないですし、このような学校の対応に不信感を抱いている現場教員もいます。
 
 私たちは学校に対して、引き続き労働環境の改善を求めていきたいと思います。

 

◆国際学院の教員の皆さん、私学教員の皆さん、一緒に今の環境変えませんか?


職場で労働問題を抱えている方は以下の私たちの相談窓口まで電話・メールにてご相談ください。無料対応・秘密厳守で対応しています。一緒に違法・不当な状況に対して声を上げてみませんか?

また、私たちは一緒に教員の労働環境や、生徒への教育環境の問題を変えるための取り組みに参加したいという仲間で募集しています。ボランティアを希望される方は、以下のメールまでご連絡ください。

電話番号:03-6804-7650

(平日17~21時/日祝13~17時 水曜・土曜休み)

メール:info@sougou-u.jp

◆寄付のお願い

私たち運営費の大部分は寄付で成り立っていますが、費用の不足が私たち総合サポートユニオンの課題となっています。総合サポートユニオンの活動に賛同し、寄付をいただける方は、下記の振込先をご利用ください。ご協力をお願い致します。

[みずほ銀行での振り込み]

みずほ銀行 北沢支店

普通預金 3024622

口座名義 総合サポートユニオン

[ゆうちょ銀行での振り込み]

(a)郵便局で振込用紙を使って納入する場合

  郵便振替口座:00150-8-765273 口座名義:総合サポートユニオン

(b)銀行などから振り込む場合

  ゆうちょ銀行 預金種目:当座預金 店名:〇一九店(ゼロイチキユウ店) 口座番号 0765273

※通信欄または振込者氏名欄に寄付である旨を記載いただけますようお願いいたします

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
総合サポートユニオン

総合サポートユニオンの活動を応援してくれる方は、少額でもサポートをしていただけると大変励みになります。いただいたサポートは全額、ブラック企業を是正するための活動をはじめ、「普通に暮らせる社会」を実現するための取り組みに活用させていただきます。

総合サポートユニオン
総合サポートユニオンは、働く人の権利が守られる社会、ブラック企業によって若者が使い潰されることのない社会を目指して結成された労働組合です。総合サポートユニオンが行なっている団体交渉についての情報や、働く人にとって役立つ情報を発信していきます!http://sougou-u.jp/