見出し画像

陶器のSpode

sgk

19日はStokeの窯業工場跡Spode宿舎に泊まり,20日は窯業博物館の見学をした. 釜がたくさんあって大勢働いていた時代が偲ばれる.今は窯の取り壊しが始められています.ここは残して博物館にしました.
広大な廃工場跡を(ギャラリーやホテルに改造中.3階宿舎に泊まる)Spode Musium見学後,Spode宿舎発→StokeのGladstone pottery博物館など見学した.

(ウォリントン→プレストン)高速大渋滞(3時間)反対車線の牧草積載大型トラック転倒火災のため→チョーリー.Ramadaホテル着
Ramadaホテルは最新ホテルでUSB電源や電気設備が過剰なほど完備.WiFiは利用できる.

■Josia Spode(1797年没).Bone chinaの隆盛期は1800-1830を待たずに没したが,事業は息子に引き継がれた.優れた陶芸家であるがボーンチャイナの工業化技術を研究し一級品の製品を作った.
Stokeはかつては窯業の中心だった.1970年まで2,000人の労働人口.その後あいついで窯の閉鎖が起き,窯が取り壊された.保存された窯は在りし日の陶芸や窯業技術を伝える貴重なmuseumである.窯も機械設備も見ることができ面白い. 

画像1


画像5

画像5

画像6

画像7

画像4

画像5




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
sgk
数学と社会の架け橋=数学月間(7/22-8/22)のボランティア活動をしています.数学者のための数学ではなく,科学技術や生活社会を支えている数学を話題にします.月間期日は22/7≒π,22/8≒eにちなみます.私は結晶世界や万華鏡や宇宙を思わせるイスラムの繰り返し模様が好きです.