『私の20世紀[4Kレストア版]』
見出し画像

『私の20世紀[4Kレストア版]』

サンリスフィルム | SENLIS FILMS

それは初めて見る あたたかな光

『心と体と』エニェディ監督のデビュー長編にして最高傑作
2017年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞、2018年アカデミー賞®外国語映画賞ノミネート作『心と体と』で注目されたハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ。彼女の伝説的デビュー長編『私の20世紀』が4Kレストア版として公開される。本作は1989年カンヌ国際映画祭でカメラドール〈新人監督賞〉を受賞し、世界的に注目を浴びた。物語は19世紀末から20世紀の始まりを双子の姉妹とともに辿る。マッチから電球へ、ロバから汽車へ、伝書鳩から電報へ。夢のような技術の発展とともに人間は何を失ったのか――。ポーランド人女優ドロタ・セグダが双子とその母の3役を、『鏡』『ノスタルジア』などタルコフスキー作品でお馴染みのオレーグ・ヤンコフスキーが謎めいた男Zを演じている。怒涛の20世紀の幕開けをつげる奇跡の映画が、21世紀の今蘇る!

新しい時代へ向かって 列車は走り出した――
エジソンが発明した電球のお披露目に沸き立つ1880年、ハンガリー・ブダペストで双子の姉妹が誕生した。リリ、ドーラと名付けられた双子は孤児となり幼くして生き別れる。1900年の大晦日、気弱な革命家となったリリと華麗な詐欺師となったドーラは偶然オリエント急行に乗り合わせた。ブダペストで降りた双子は謎の男性Zと出会う。Zは彼女たちを同一人物と思い込み二人に恋をするのだが…。おとぎ話のようで、風刺が散りばめられたきらめく傑作!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンリスフィルム | SENLIS FILMS
■ 映画製作, 配給, 宣伝 ■ 『盗まれたカラヴァッジョ』『パリの恋人たち』絶賛公開中 ■「人生を豊かにする」「文化を発見する」「平和を願う」というメッセージ性や気付きのある作品を製作したい。また、世界中のあらゆる国から魅力溢れる作品を日本にお届けしたいと考えています。