見出し画像

家時間を満喫する、〜甘酒づくり編〜


こんな日々だからこそ、家で過ごす時間をどれほど有意義にできるかが最近の課題だ。


家でやるべきことはたくさんある。
隅々まで丁寧にそうじしたり、断捨離して部屋をすっきりさせたり、細々した書類の整理や、常備菜作りをしたっていい。


忙しいからと後回しになっていたことがたくさんあるけれど、
んーなんだろう、、、
せっかくの家で過ごす時間を、外に出られない分、
新しく楽しい "なにか"  をしたい!


お家でやりたいこと
料理に凝ってみる??
手間暇かけたお菓子作りをする?
ひたすら読書?
映画鑑賞?
絵を描く?
書道する?
布を使って物作り?
,,,


私は常々やりたいことや興味あるものが頭の中で溢れかえっていて、今ざっと出しただけでもこんな感じでまだまだキリがないのだけれど

タイトルにもある通り、今回は以前から試してみたかった甘酒作りを。




___



去年の梅雨頃から、毎朝欠かさずコップ一杯の甘酒を飲むようになった。

実のところ甘酒自体は元々そんなに好きではなくて、自分から好んで飲むようなことはなかった。

それでも毎日飲むようになった理由は色々あるのだけれど、1番は夏バテしてしまうようになったことだ。
とにかくクラクラしがちだし、朝なんて特に低血圧も相まって、不調としか言いようがない状態で過ごしていた。



そんな中、考えられる原因と、改善するための対策を調べているうちに
夏バテに甘酒がいいらしい、と知った。

美容に良いと人気があったのでずっと気にはなっていたものの、やはり好んでは飲めずにいたので、これを良い機会として試してみてもいいかもなと思った。


それから甘酒を飲む前提で、でもまだ「味がなぁ…」なんて思いつつ甘酒の効能について調べてみたら
"腸内環境を整える"とか"美肌効果"とか、うん。やっぱり気になる要素がいっぱい詰まっている。

そんな流れで飲んでみることにしたのだ。




試しに小さいパックを1つ買ってきて翌朝飲んでみた。ら、



・・・・・っ!!!



味がどうのこうの言うレベルではない!!!一気に目が覚める!!!!!!

身体中に栄養が行き渡るような、初めての感覚!!!!

なんだこれは!!!



よくよく考えてみれば、糖分不足もあり得るのかもしれないが、とにかく確実に夏バテに効いてる感じがあり、味も悪くない。いやむしろ、飲み続けているうちに味も好きになっていった。
さらに、美容にも確実に効果があると実感した。肌が内側から輝くような、ふっくらしたような、とにかく錯覚ではないレベルで変化が起きたのだ。



そんなこんなですっかり甘酒にハマってしまった私は、
はじめに買った小さいパックから気付けば1Lパックを買うようになり、今では冷蔵庫に無いなんて考えられないほど、すっかり毎朝の欠かせない習慣となった。



___



そしてなぜ、甘酒を作ろうと思ったか。



毎日200ml以上飲んでいると、1Lパックで1週間もたない。
かと言って箱買いしてもスペースを取られるのがイヤだから、毎週スーパーで購入していた。
週2回、もしくは1回で2本まとめて買う生活をしていたのだが
なかなか重いし、これがまぁ大変なのだ!


中身が減ってきたときに確実にスーパーに行けるか分からないし、
実際買いに行けずに切らしてしまって飲めない日もあった。そんな日はまたフラフラしだしたので、やっぱり欠かせない。


そんな葛藤(?)があって、ようやく重い腰を上げて、「作ってみようかな。」と思い至ったわけだ。



レシピを色々と調べているうちに、勝手なイメージでものすごく大変な工程があるのかと思ったら
酒粕で作る甘酒は煮るだけOK簡単レシピだと知り、億劫に感じていたけれど料理は好きなので、なんだかテンションが上がってきた。




スーパーで酒粕を買う。



この時点で、酒粕が置いている場所なんて初めてだし、ワクワク♪
"初めてのこと"はなんだって楽しいものだ。



無事に酒粕を手に入れて、あとはお家で煮るだけ!
レシピを見ながら、自分好みにとろみ加減も砂糖の量も調整して、、

あーなんか良いなぁ。って心底感じた。

自分の身体の栄養になるものを、自分で手作りする。
それってすごく幸せなことだなと、甘酒を煮ながら思ったのだ。



出来立ての甘酒は、砂糖の量を控えめにしたので市販品より優しい甘さで
家では白糖を使わずに甜菜糖を使っていることもあり、作った方が健康的でもある。

自分好みにできるのも手作りの良いところだ。



___



普段はしないけど、やってみたかったこと。
なくても困らないけど、あると嬉しいもの。

お決まりの日常から一歩踏み込んで、新しいことに挑戦すること。

それって、楽しすぎる。


そんな充実した時間を、日々の中で見出していきたい。



楽しいか楽しくないかは、"家で過ごすこと"とは関係ない。
自分の気持ちの問題なのだ。


人生はなんでも楽しんだもの勝ちだ。
苦境の中でどれだけハッピーでいられるか、心の在り方に常に気を配って過ごしていたいと思う。





(また楽しいことがあればご紹介します!)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感激、、嬉
9
アパレルデザイナーを経て、ファッションがもつ"こころを豊かにする力"を伝えるためフリーへ転身。ファッションのこと、生き方のこと、感じたことを感じたままに。日々をアートのように美しく彩る方法を伝えてます https://senhare.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。