子どもは特に任せてもらえると嬉しくて成長する話

保育園で、息子(3歳なりたて)はとても頻繁におままごとをしているようです。

お迎えに行くと、車かお料理を持ってきてくれます。

今日はお肉を焼いて待っていてくれました。

「そうか、お肉を焼いてみたいのね」

普段、噛み切るのが面倒だからかお肉をあまり食べない息子、そんなに好んで食べないんです。

「スーパーでお肉買って、お家でジュージューしてくれる?」
そういうとおもちゃから手を離してすぐに帰宅モード!

スーパーでは自分で食材を選んでもらい(きのこと豚肉選びました)、ついでにマグロとソーセージを私が念の為選んで。

食材選びからお料理まで、全部任せてもらえて嬉しくて、本当にたくさん食べました。

任せてもらえた時、信頼を感じますよね。
自分でできたとき、いつもより嬉しく、美味しく感じますよね。

それは子どもも同じで、もっとやりたい、またやりたい!の原動力になりますよね。

毎日は難しくても、月に1回、任せる何かを作ってみることで、子ども自身が「ママ・パパは私を信頼してくれている」実感と自信を得られはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キッズコーチング&パートナーシップコーチ こどもの わくわくする自己肯定感を育む をモットーに活動しています JAKC認定キッズコーチングマスターアドバイザーのゆうみです! 提案営業歴7年、時々アートの翻訳補助、究極のマフィン作りが趣味の、3歳男児を子育て中♪