見出し画像

右手のオルタネイトピッキングを極限まで速くするちょっと変わった練習方法(BPM300以上)

ぐれんのオニギリ(シャケ)

あなたは、「もっと、右手のピッキング速度が上がってくれたらいいのになあ、、、」等とお悩みだったりしませんか?

右手のピッキング速度が上がれば、様々なジャンルの曲が弾けるようになりギターで多彩な表現が可能になります。

メタルにハードコアにジャズにJpop、、、、様々なジャンルに幅広く対応できる可能性が出てきますよね。

いろんなジャンルに対応できるようになれば、ギターが非常に楽しくなります。

そして、単純に右手の対応できる速度の限界が向上すれば、それだけで「どんな曲も何とか頑張ればそれなりに弾けそう」な気もしてきますよね。

「右手のピッキング速度は根拠のない強い自信」をギタリストに与えてくれます。

例えば、右手のピッキング速度がBPM140の16分音符くらいの速度までしか出ない人は、その時点ではBPM250の16分音符のフルピッキングフレーズが出てくる曲を原曲通りにひききることは不可能です。

もし原曲に忠実に弾こうと思うのなら、最低でもBPM250の16音符の速度に右手のピッキング速度が追い付かねばどうしようもありません。

どうしても弾きたいとなれば、苦肉の策としてレガートやスウィープに逃げることになりますが、、、やはりフルピッキングとレガート等では音の質感がまるで違います。

それに、「フルピッキングで弾けないから代替案をとった」なんて話になるとシンプルに「悔しい!」ですよね?

何というか、「曲に負けた」みたいな感じすらしてきます。

しかし、あなたの右手のピッキングの限界速度が「BPM400の16分音符」であったならどうでしょうか?

右手のピッキングの限界速度が「BPM400の16分音符」もあれば、BPM250の16分音符等物理的には造作もないはずです。

BPM400程度(厳密には450付近)とは具体的に以下のような速度になります。

ディストーションをかければごかしが聞くとの話もあるため、音量と音質に難はあれどもあえてわたしのギターの生音での音源を掲載させていただきました。

これくらいの速度が上限なら、ピッキング速度で悩むことは格段に減るはずです。

もちろん、フレーズによって弾く難易度は変わりますから、「右手のピッキング速度が速い=その速度以下のフレーズはすべて弾ける」ということにはなりません。

※当然左手の柔軟性や大きさもかかわってくる。

とはいえ、右手の限界速度がフレーズの要求する速度よりも速ければ「物理的には可能なはず」と思えますよね?

右手のピッキング速度が速いと心理的に余裕が生まれ、難曲を前にしても挫折しにくくなるといえるでしょう。

その精神的な余裕が強い支えとなって練習のモチベーションを底上げしてくれたりするので、「右手のピッキング速度が速い事」は快適なギターライフのために非常に需要な要素と言っていいと思います。

それに速弾きに傾倒しているギタリストの方々なら共感してもらえるとおもいますが「フルピッキングでの速弾きにはロマンがある」んですよね。

やっぱ、「高速フルピッキングはなんかかっこいい!」のです。

あ、申し遅れました。

私、心理カウンセラーをやらせていただいている「ぐれんの おにぎり」と言う者です。

私は本職のギタリストではないので、「ギターは全くうまくありません」。

しかし、結構長い事「いかに右手のピッキングを速くするか」についてだけは真面目に研究をしてきました。

私が、ギターを始めたのは高校2年生の頃ですが、最初から一般的な基準でいえばそこそこピッキングが速い部類ではありました。

おそらく記憶が正しければ、ギター歴1年くらいでBPM290の16音符程度の速度は出せたはずです。

※詳しくは後述するが、ある程度最初からピッキングが速かったのには、幼少期から知らず知らずのうちに速いピッキングの為に必要な「ある事」を訓練していたおかげである可能性がかなり高い。

その当時は、知り合いにギターをやっている友人がろくにいないのも手伝って、広い世界を知らない私は「まあ、自分より速くピッキングできるやつとかおらんやろww」くらいに思っていました。

完全なる大バカ者です。

しかし、その数年後、速弾きのギネス記録の存在を知り唖然とします。

その当時のギネス記録保持者の名前は

「ティアゴ・デラヴェガ」

彼の存在を初めて知ったのは、ユーチューブの動画でした。

正直、彼のピッキング技術には脱帽の一言。

上掲の動画では、38毎秒、つまり「BPM600の16分以上の速度」で弾いています。

彼のピッキングはひたすらに速いくせして、「まるで右手に力みが感じられない」ので、「こ、こいつは化け物か!!?」なんて衝撃を受けました。

今では、彼の記録を上回る人たちがたくさん出てきてはいるものの、いまだ精度や実際の右手のピッキング速度の点で彼を本当の意味で上回るギタリストが出てきている感じはしません。

現在の速弾きのギネスはもはや「ネタ大会」の様相を呈しているように思われます。

まあ、断言はあえてしませんが、あきらかに右手のピッキングがおいついていない人が多い気がするんですよねえ、、、。

しかし、ここ日本にもティアゴ氏に非常に近い超人的な資質を持つギタリストが数名おります。

詳しくは私の紅茶特化のブログの記事を参照。

そんなこんなで、ティアゴ氏に衝撃を受けた私は、「くっそ!!世界は広かったか!!なんか負けたくねえ!!」と言う事でせっせと右手のピッキング速度を上げるために練習を開始しました。

とにかくがむしゃらに思いつくがままに、あれやこれやと方法を考えて試しますが、どんなに頑張ってもなかなか思うように速度が上がりません。

もちろん、ネットに落ちている情報もとにかく片っ端から参考にしました。

腱鞘炎寸前まで行ったことも一度や二度ではありませんでしたね。

しかし、どの記事も「右手の脱力が大事です」とか「徐々に速度を上げて、、、」、「ピックの先端を浅く当てて、、、」等とありきたりな事しか書いていません。

ただ、それもそのはずで、そもそも巷にある記事はその著者が例えば「BPM400以上の速度になる方法を提示しよう」なんて意識で書いていないし、筆者もそういった速度でピッキングできるのかすらよく分かりません。

いや、まず間違いなくそんなコアな速度等需要がないので、実際にギネス級の速度でピッキングできる人であっても「BPM 400以上で弾けるようになる練習方法」なんて情報を表に出すことはないでしょう。

そこで、わたしは一旦外に「解決策を求める」のをやめました。

いろいろと悩んで紆余曲折あった後、孫武の名言「敵を知り己を知れば百戦あやうからずや」にのっとり、まずは「自分自身の自己分析をするところ」からやり直すことにしたんです。

自己分析をしている最中、「そもそも自分はなぜ元からそこそこピッキングが速かったのか」について思いを巡らせている時にある事に気が付きました。

その気付きが起爆剤となり自前の練習法の原型を思いついたんです。

そこから徐々に改良を加えて、自分なりにピッキング速度を上げるための練習法を考案するに至りました。

そのかいあって、最低でも上掲のティアゴ氏に引けは取らないくらいの速度までピッキング速度があげられましたね。

単純計算で、ギター歴一年時の2倍以上にはなっている計算です。

そんなこんなで、一体どこに需要があるのかわからん練習法を編み出してしまった私は、最近になって紅茶のブログの方にネタ的に記事としてその練習方法を公開していました。

しかし、いまだにネット上を広く見渡しても私のようなことを言っている人は、私の観測する限りいなかったです。

※ただし、部分的にはごくごく非常に少数ながら近い事に言及している人もいた。

そのため、「ひょっとしてこれって需要あるか?」と思い、好奇心から今回ノートに寄稿してみようと思った次第。

ちなみに、本記事は有料化するにあたって無料でブログで公開していた簡易版とは違って練習を効率化するための方法についても補足しておる次第。

というか、本記事でふれている練習の効率化がない状態で練習方法を実践しても、私のこれまでの経験上練習の効果がかなりうすれる気がするんです。

なので、本記事に補足した効率化の方法は結構重要だと思いますね。

なお、今後この記事は売れ行き次第で徐々に値上げしていくかもしれませんが、最初は500円からでお願いします!

まあ、これはちょっとした実験でもありますのですいません。

そんなわけで、今回は私が考案した「ピッキングの限界速度を上げるための具体的な練習方法」や「限界速度が上がっていくにつれてどうピッキングに対する意識や感覚をどう変えていくべきなのか」等について紹介してみようと思います。

おそらく、この記事の内容を参考にすれば、今よりも速く動く右手を手に入れられると思うところ。

実際に、現在モニターの方を募って当ノートの練習方法を試してもらっていますが、モニターの方によると「ダウンピッキングの速度と継続時間が上がってきた実感がある」との事です。

実は、オルタネイトピッキングの速度を上げることとダウンピッキングの速度を上げることの間にはかなり密接なかかわりがあるので、わたしとしてはこの方はかなりいい調子だと思います。

現時点では、練習方法の効果を立証するサンプル数はあまり多くはありませんが、わたしがネットを見渡した限り同様の事を言っている人はいなかったですし効果を感じてくださる方もいるにはいるのでそれなりに新しい知見を得られる内容ではないかと思います。

あと、単純に「BPM600以上の高BPM帯でピッキングするような人間はどんなことを意識してピッキングしているのか」を知るという意味では多少面白い読み物かもしれません。

ただ、本記事は基本的にある程度オルタネイトピッキングの基礎を習得している人向けだと思います。

ちょっと明言はできませんが、、、そうですね、、、個人的には最低でも「BPM 120の16分が安定して弾ける」くらいは欲しいかもしれません。

もっとも、将来の事を事を考えたら別にギター初心者の方が読んでも損はないと思いますが、、、、直ぐに役立つかはちょいと疑問です。

その点はよろしゅう。

それから、本記事の内容は必要に応じて今後補足していこうかなと思っている次第。

さあ、あなたをBPM300以上の高BPM帯の世界へいざないましょう。

自分の速度の限界を超え新たな地平を見に行こうではありませんか!!

目指せ、右手の電動ドリル化!!!

※本文中に掲載している音源はサウンドクラウド上のファイルになります。そのことに留意したうえで記事の購入をご検討ください。

※右手のピッキングの速度向上は多くの人が実感している通り、非常に大きな個人差があります。その点は何卒お含みおきくださいませ。

追記
①:2022年9月17日:「最短でBPM300の壁を超える方法」の項を追加。
②:2022年9月29日:「ダウンピッキングを高速化させる工夫」の項を補足に追加。


この続きをみるには

この続き: 16,586文字 / 画像11枚

右手のオルタネイトピッキングを極限まで速くするちょっと変わった練習方法(BPM300以上)

ぐれんのオニギリ(シャケ)

600円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!