新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本一になりたい思いが強くなった/20-21ルーキー和田美々里②

積水化学女子陸上競技部

この春、積水化学女子陸上競技部に加入した
和田美々里(わだ みみり)選手。
出身校は、大学駅伝ファンには
“鉄紺”でおなじみ、東洋大学です。

これからプロのアスリートとして、
どんな活躍をしていきたいか。

そう彼女に聞くと、「クイーンズ駅伝に出場してチーム優勝に貢献すること」力強く答えてくれました。

◆強くなれると信じて

彼女が、人一倍強い気持ちで
取り組んで来たのが駅伝です。

2017年の関東大学女子駅伝では
1年生で1区を任され、大学記録を更新。
チームの初優勝に貢献しました。

そして学生最後のレースとなった
2020全日本大学女子駅伝では、
主将として、また最上級生として力走を見せました。

昨年のクイーンズ駅伝で
準優勝に輝いた積水化学は
これから優勝を狙うチームです。
プレッシャーはないか聞くと、
嬉しい答えが返ってきました。

「メンバー争いが激しくなるのかなとは思いますが、やっぱり優勝を目指すチームに入れたのがうれしいです。去年の結果を見て、絶対に自分がメンバーの一人として走って、日本一になりたいという思いが強くなったので、モチベーションとしては上がりました」

その気持ちの強さは、チームにとっても
大きな武器となるでしょう。


◆日本トップで勝負できる選手に

これからは個人の競技力向上が、当面のテーマ。
昨年末の骨折をしっかり治して、
駅伝メンバーに選ばれることが第一歩です。

今後は、どんな選手になっていきたいか聞くと、
「今は怪我もあって、満足に走れない状態なので、安定して結果を残せる選手になりたいですね。そして、いつかは日本選手権で勝負できるような選手になりたいです」
と和田選手は答えてくれました。

その原動力のひとつに、不完全燃焼だった
去年の結果があります。


◆我慢の一年を乗り越えて

「去年は大会も少なく、応援してもらっている分の恩返しをしたかったのですが、駅伝ではチームとしてもキャプテンとしても、結果を残せませんでした」

「親や中学・高校・大学の先生や友達に、私が実業団で走っている姿を見せたり、駅伝の結果などで恩返しをしたいと思います」

そう彼女は、経験したことの
ないような苦境に立たされた昨年を振り返ります。


コロナ禍で練習も思うようにできなかった去年。
それは和田選手にとっても我慢の一年でした。

その想いが、必ず結果につながると信じて。
クイーンズ駅伝初優勝、そしてその歓喜の輪の中に
彼女がいる日も、そう遠くはないかもしれません。



文:守本和宏/ナノ・アソシエーション
--------------
積水化学女子陸上競技部 セキスイフェアリーズ 公式HP  https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/
🔔積水化学女子陸上競技部Twitter
👍積水化学女子陸上競技部Facebook
📗積水化学女子陸上競技部note

ご声援よろしくお願いします!!
--------------

積水化学女子陸上競技部
積水化学女子陸上競技部セキスイフェアリーズ公式noteアカウントです。「心を一つに、一歩一歩前進!」をスローガンに活動する選手たち。彼女たちの想い、陸上競技と向き合い学んだこと、コラムなどを発信してまいります。皆様よりいただく数々の応援に感謝し、挑戦を続けてまいります。