見出し画像

懐かしい金華のまちづくり

唯一視るテレビ、大河ドラマ「麒麟がくる」で
美濃 稲葉山のCG(おそらく)がよく出てくる

20年前に関わった岐阜市の金華エリアがオーバーラップする

基本構想・基本設計をした「金華のまちの元気館」は玉井町(赤印あたり)に建設された

周辺地域に調和させた設計た意匠は、まちなみ条例を策定された地元のN設計研究室S氏と、侃侃諤々しながら、変形地に落とし込んだものだった

というよりも、設計の話ではなく風土、歴史、文化の話ばかりだった

大河ドラマを視ながら、昔を思い出すのも妙な気分だが、悪いわけではない

次の回は大垣のようである
こちらもいろいろ関わらしていただいた地域

どんな気分で視るのであろか
ワクワクする

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン