Screenless Media Lab.

生活情報環境における、視覚と聴覚のバランスを、リデザインする。 音声メディアの可能性を…

Screenless Media Lab.

生活情報環境における、視覚と聴覚のバランスを、リデザインする。 音声メディアの可能性を探求し、その成果を広く社会に還元することを目的とした研究所です。

最近の記事

子どもの言語習得プロセスを、AI研究に活用する――「子どもと言語、そして赤ちゃんが感じる音」の最新研究

2024.2/23 TBSラジオ『Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、子どもが言葉を習得していく過程をAIに役立てようという研究や、赤ちゃんが感じる音に関する研究をご紹介します。 ◾子どもはどのように言葉を習得するのか 人間の赤ちゃんは、どのように言語を獲得していくのかについては、専門分野における研究が様々に続けられています。 最近の研究では、赤ちゃんがみてい

    • 不安に対処するにはどうすればいいか――著書『あやうく、未来に不幸にされるとこだった』のご紹介

      2024.2/16 TBSラジオ『Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、不安と音に関する研究、そして不安に関する書籍について紹介します。 ◾不安と声の研究 当ラボではこれまで、不安に関する研究等をご紹介してきました。 例えばコロナ禍においては、様々な音声配信プラットフォームを利用することで、気軽に声だけで音声配信をはじめる配信者に注目が集まりました。声を出すこと

      • 自分と似た性格の声に人は注意を向ける――「音声アシスタントの声」に関する研究紹介

        2024.2/09 TBSラジオ『Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、音声アシスタントの声に関する、興味深い研究を紹介します。 ◾人は自分に似た性格の声を好む スマホやスマートスピーカーに搭載されている音声アシスタントについて、当ラボはこれまでも様々なトピックを紹介してきました。例えば、音声アシスタントのデフォルト設定は女性にされていることについて、ユネスコは2

        • 汚い言葉を叫ぶと痛みに効果がある?――「言葉と苦痛」に関する研究紹介

          2024.2/02 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、汚い言葉が痛みを和らげるという、「声と痛み」に関する研究を紹介します。 ◾汚い言葉は痛みを和らげる スポーツ選手が試合前、大きな声を出し、自身に気合を入れることがあります。私たちはこのように、何か特別なことが生じる際に大声をあげることがあります。 もうひとつの事例を挙げましょう。例

        子どもの言語習得プロセスを、AI研究に活用する――「子どもと言語、そして赤ちゃんが感じる音」の最新研究

          声のAI音声化に関する協定に米俳優組合が合意――「ゲームとAI音声」の最新トピック紹介

          2024.1/26 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、ゲームの声にまつわる2つのトピックについて紹介します。 ◾AI音声を利用したゲームの登場 以前から、生成AI等を利用した合成音声については、フェイク音声が詐欺に使われたり、あるいは声優の声が勝手に使われるなど、様々な課題があることを紹介してきました。 一方、生成AIによる音声は、ど

          声のAI音声化に関する協定に米俳優組合が合意――「ゲームとAI音声」の最新トピック紹介

          ヒトの発話はどのように発達してきたのか――「人間と音の歴史」を考える

          2024.1/19 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、人間と音の関係に関わる研究について紹介します。 ◾母音と子音、遠くまで届くのはどちらか 私たち人間が扱う言語(言葉)の登場時期については様々な議論がありますが、私たちの音声発話は、基本的に母音と子音をかけあわせたものから構成されています。 2023年12月、イギリスの研究者たちがN

          ヒトの発話はどのように発達してきたのか――「人間と音の歴史」を考える

          遺伝的な要因による難聴を治療する――「遺伝子治療技術」の紹介

          2024.1/12 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、遺伝的な要因による難聴について、新たに登場した治療技術について、ご紹介します。 ◾難聴の種類と遺伝性難聴 音を聞くことが困難な「難聴」は主に ①伝音性難聴(外耳、中耳に原因がある) ②感音性難聴(内耳や、その奥の神経系に原因がある) ③混合性難聴(伝音性難聴と感音性難聴が合わさったも

          遺伝的な要因による難聴を治療する――「遺伝子治療技術」の紹介

          避難所の音対策、説得して訴える声――「災害と音」

          2024.1/05 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、2024年1月1日に生じた能登半島地震を受け、災害と音に関わる研究等を紹介します。 ◾避難所における「音」対策 サウンドスケープ(音風景)や騒音研究を専門とする福島大学の永幡幸司氏は、『避難生活における音の問題』と題した解説記事を、2017年に日本音響学会誌に発表しています。 ht

          避難所の音対策、説得して訴える声――「災害と音」

          AI技術の発展が著しい1年――「2023年の音」を振り返る

          2023.12/29 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、2023年も終わりということで、2023年の音にまつわる研究やニュースについて振り返りたいと思います。 ◾今年もやっぱり「生成AI」 まず、やはり話題になったのは生成AIでした。実は2022年の最後にその年のトレンドをまとめた際も、話題は「生成AI」でした。ChatGPTが登場した

          AI技術の発展が著しい1年――「2023年の音」を振り返る

          女性を前にした歌声はどのように変化するのかーー「人間の声とシンガー・フォルマント」の紹介

          2023.12/22 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、女性を前にした男性の歌声の変化について、ご紹介したいと思います。 ◾合唱団の声は、女性を前にすると強調される 生物が発する鳴き声には、様々な意味があります。例えば以前お伝えしたように、セミの中で鳴き声を発するのはオスだけであり、その理由はオス同士の競争、あるいはメスへのアピールだと

          女性を前にした歌声はどのように変化するのかーー「人間の声とシンガー・フォルマント」の紹介

          頭の中で聞こえる音、そして聞こえないのに音がなる耳鳴りーー「人間の体と音」の紹介

          2023.12/15 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、実際の音ではなく、心の中の音や、実際には聞こえない音について、考えたいと思います。 ◾心の中で音が聞こえるーー内的発話 本を読む際、現代では多くの場合、声に出して読むのではなく黙読を行います。以前も紹介しましたが(2019年11月)、文章を読み上げる時に、頭の中で「声」が聞こえると

          頭の中で聞こえる音、そして聞こえないのに音がなる耳鳴りーー「人間の体と音」の紹介

          水中でも活躍する音ーー「水中考古学、水中ドローン」の紹介

          2023.12/08 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、音を利用することの多い学問である「水中考古学」について紹介します。 ◾水中考古学とは 「水中考古学」という言葉をご存知でしょうか。水中考古学はその名の通り考古学の一分野で、主に海底に没した遺跡や、沈没船などを対象とする学問です。海中は地上と比べて変化が生じにくく、100年が経過して

          水中でも活躍する音ーー「水中考古学、水中ドローン」の紹介

          糖尿病の疑いやコロナ、酩酊状態を声で診断するーー最新「声診断技術」の紹介

          2023.12/01 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、声で自分の状況を診断できる「声診断技術」の最新論文等をご紹介します。 ◾声診断技術は日々発展している AIを利用した音声解析技術が日々発展しています。当ラボでもこれまで、音声を利用した様々な音声診断技術について紹介してきました。 そのひとつが、コロナウイルスを音声で診断する、とい

          糖尿病の疑いやコロナ、酩酊状態を声で診断するーー最新「声診断技術」の紹介

          ビル・ゲイツが語る5年後のAI予想。鍵は「耳」にありーー「近未来のウェアラブルデバイス」を考える

          2023.11/24 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、ビル・ゲイツのブログから、少し先の未来のAI、デバイスと「音」の関係について考えてみたいと思います。 ◾ビル・ゲイツの主張するエージェント=パーソナルアシスタント マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは、読んだ本や未来について発信することがあります。ゲイツが2023年11月9日

          ビル・ゲイツが語る5年後のAI予想。鍵は「耳」にありーー「近未来のウェアラブルデバイス」を考える

          数学に音楽を取り入れると、数学の成績がアップするーー「音が与える影響」を考える

          2023.11/17 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、人間がリズムに乗る時の原理、そして音楽を取り入れると数学の成績がアップするという、音が私たちに与える影響について、ご紹介します。 ◾リズムを知覚し、体が動く時の脳内反応とは 私たちは、音楽を聞くと自然と「リズムに乗る」ことがあります。ですが、そもそもリズムに乗るとはどういった現象な

          数学に音楽を取り入れると、数学の成績がアップするーー「音が与える影響」を考える

          AIによって流暢な外国語を話す有名人ーー「AIと音」の社会問題を考える

          2023.11/10 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、AIを利用した音声利用に関する問題について、最新の問題をお伝えします。 ◾AIを利用した政治家のフェイク動画・フェイク音声 何度かお伝えしているように、合成音声や合成音声による翻訳技術の高まりによって、様々な領域で音にまつわる問題が発声しています。 まず、日本でも2023年11月

          AIによって流暢な外国語を話す有名人ーー「AIと音」の社会問題を考える