Screenless Media Lab.

生活情報環境における、視覚と聴覚のバランスを、リデザインする。 音声メディアの可能性を探求し、その成果を広く社会に還元することを目的とした研究所です。

Screenless Media Lab.

生活情報環境における、視覚と聴覚のバランスを、リデザインする。 音声メディアの可能性を探求し、その成果を広く社会に還元することを目的とした研究所です。

    最近の記事

    世界の声を保存すること。今ある声を活かすことーー最新「音声データベース」の紹介

    2023.1/27 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、世界中の音を保存するプロジェクトや、音声認識技術のための音データについて紹介します。 ◾世界中の伝統音楽を保存するウェブサイト 音声や音楽は、文字のように残りづらいため、意識的に保存する必要があります。以前も紹介したように、人間の声を言語別に音声として保存する「Common Voic

      • 超音波で冷凍マグロの鮮度を評価するーー「音でできる」最新技術の紹介

        2023.1/20 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、音を利用してさらに便利になる様々な技術を紹介します。 ◾音声入力で点検効率を向上 音声入力技術の向上により、以前はキーボードに入力していたものを音声入力に代替することが可能になっています。とりわけ現場の点検作業では、電子化が進んでもタブレットには記入せねばならず、作業は煩雑なものにな

        • 3秒分の音声データからそっくりの音声を合成ーー「VALL-E」とは何か

          2023.1/13 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、2023年に早速発表された最新の合成音声システムについて紹介します。 ◾合成音声システム「VALL-E」 近年の合成音声技術の発展は目を見張るものがありますが、2023年も早速、突出した合成音声技術が発表されました。 マイクロソフトの研究者が2023年1月5日に、合成音声AI「VA

          • トイレで発生する音から私たちの健康を探るーー「トイレの音研究」の紹介

            2023.1/06 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、聞かれたくはないが病気の発見に重要な意味をもつ「トイレの音」に関する研究を紹介します。 ◾トイレの音が病気の早期発見に 音は人のヘルスケア向上に用いられています。日常にあふれる様々な音ですが、個別的、あるいはあまり外には聞かせたくない音に「トイレの音」が挙げられます。 ともすれば隠

            2022年のトレンドは音声領域にもーー「音声生成AI」の紹介

            2022.12/30 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、2022年に大きな話題となった生成系AIについて、音声領域から考えたいと思います。 ◾○○生成AIの大流行 2022年のひとつのトレンドとして、「○○生成AI」が流行しました(ジェネレーティブAIとも)。夏頃にMidjourneyやStable Diffusionといった画像生成A

            人は低音を聞くと踊りたくなる?ーー「超低周波音がもたらす効果」の紹介

            2022.12/23 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、音と人間の動きに関する、興味深い研究を紹介します。 ◾低音を聞くと踊りたくなる? 人は音楽に合わせて踊ることがあります。では、私たちはどんな時に踊りたいと思うのでしょうか。この点について、カナダはマックマスター大学の研究者たちが2022年11月に発表した論文に、興味深い内容が示され

            バッテリー不要の水中カメラが海の調査等を可能にするーー「音波を利用した最新技術」の紹介

            2022.12/16 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、電源不要の水中カメラなど、「音波」を利用した技術について紹介します。 ◾電源不要の水中カメラ 電気をめぐっては、様々な課題が指摘されています。温暖化問題等によってクリーンエネルギーによる発電が議論される一方、昨今の燃料高騰による電気代の高騰も議論されています。 そんな中、MITの

            ノイズキャンセリング機能と聴覚の関係とはーー「聴覚補助機能」の紹介

            2022.12/09 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、聴覚補助機能を持つイヤホンの性能に関する研究を紹介します。 ◾AirPodsの聴覚補助機能 当ラボはこれまで、難聴が認知症のリスクになることや、それを防ぐための補聴器が、欧米と比べて日本では普及が進んでいないこと等をお伝えしてきました(2018年の調査では、自己申告した難聴者全体に

            海の生態系の回復に役立つ音ーー「牡蠣が引き寄せられる音」とは何か

            2022.12/02 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、海の生態系の回復に役立つ牡蠣の存在と、それにまつわる音について紹介します。 ◾牡蠣礁復元に寄与する「音」 牡蠣礁(oyster-reef)という言葉をご存知でしょうか?海岸部の泥や砂のある場所(干潟)等に、牡蠣の貝殻が集まって形成される礁(水中や海面上に突き出ている岩)は、牡蠣礁と

            猫のあの音は人間にも様々な効果をもたらすーー「猫のゴロゴロ音の秘密」を紹介

            2022.11/25 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、ゴロゴロと鳴くネコの音に関する様々な研究を紹介します。 ◾猫のゴロゴロ音の秘密 猫は人と同じ喉頭(こうとう)を利用して声を出しており、おなじみの「ニャー」という鳴き声も、基本的に人間の発音と同じ原理で発せられます。一方、ゴロゴロ音は発音時だけでなく、息を吸う時にも発生させることがで

            不快である必要のある音ーー「Jアラートの音の仕組み」の紹介

            2022.11/18TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、Jアラート等の、いわゆる「不快な音」の仕組みについて紹介します。 ◾Jアラートの発令によって鳴った「国民保護サイレン」 2022年10月4日午前、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、政府が全国瞬時警報システム(Jアラート)による警報が発令され、一部の地域でサイレンが鳴りました。 Jア

            METAの目指すメタバース上でのコミュニケーションーー「文字のない言語のリアルタイム翻訳」の紹介

            2022.11/11 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、METAが研究を行うリアルタイム翻訳AIについて紹介します。 ◾METAによる口頭言語「福建語」の翻訳AI 昨今、AI技術の向上により、翻訳ソフトはその精度を著しく発達させています。また英語から日本語などへのリアルタイム音声翻訳サービスなどもあり、各社が様々なサービスを展開していま

            声だけで画像を動かす技術にボイスクローン技術ーー「最新技術と音声」を考える

            2022.11/04 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、音声による加工技術とその問題について紹介します。 ◾音声だけでオンライン会議の画像を動かせる「xpression camera」 オンライン会議が定着した社会の問題のひとつに、カメラのON/OFFが取り上げられます。会議にはカメラをONにすべきという圧力があり、「ZOOM疲れ」等も

            機械と人間の良好な関係とはーー「合成音声と人の声」を考える

            2022.10/28 TBSラジオ『荻上チキ・Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、テレビやラジオでも進む合成音声と、人間の声の関係について考えたいと思います。 ◾NHKで進む「AIアナウンサー」 昨今の高度化した合成音声技術については、当ラボでも度々伝えています。ところで、最近はテレビやラジオにおいても、AIアナウンサーが原稿を読み上げるサービスがはじまっていま

            障害のある人の発話に対応した音声認識技術開発プロジェクト「Speech Accessibility Project」とは何か

            Screenless Media Lab.ウィークリー・リポート 2022.10/21 TBSラジオ『Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、障害のある人に対応した音声認識技術の開発プロジェクトについて紹介します。 ◾アメリカで発足「「Speech Accessibility Project」 音声認識技術の様々な発展については、これまで当ラボも多く紹介してきました

            コロナウイルスを音で診断する企業をファイザーが買収ーー発展する「音声診断技術」の最前線

            Screenless Media Lab.ウィークリー・リポート 2022.10/14 TBSラジオ『Session』OA Screenless Media Lab.は、音声をコミュニケーションメディアとして捉え直すことを目的としています。今回は、以前も紹介した音声診断技術の進捗情報についてご紹介します。 ◾声で病気を診断する「音声診断技術」 人の声や咳といった音声を分析し、医療に活かす研究があります。昨今では、声からうつ病等を診断する技術をはじめ、音を医療に活用する技