総会の「持ち込み企画」を募集します!
見出し画像

総会の「持ち込み企画」を募集します!

School Platform

「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」では、これまで重ねてきた取組からもう一歩飛躍し、真に「教育の地殻変動」をどのように起こしていけるのかについて、この間、議論を重ねてきました。
 そのため、昨日noteでも公開したとおり、企業・NPO・学校教育のそれぞれのフィールドで第一線を走ってきた3人の皆様との対談を行いました。→ 対談記事はこちら!
 対談においては、「教育長・校長のイニシアティブで皆さんが主体的に参加し運営していくというスタンダードを作ることに突破口があるのではないか」というご示唆をいただきました。
 このような議論も踏まえ、「事務局発信」だけではなく「教育長・校長・民間企業・NPO」というプラットフォームに関わる皆様にも発信の主体となっていただきたく、2022年3月19日(土)に予定している今回の総会では、これまでの発想から転換し、新たなチャレンジをしてみたいと考えております。

 具体的には、総会の中で30分間「持ち込み企画」の時間を設定します。そして、「持ち込み企画」を主体的に作り上げるアジェンダオーナーとなっていただける方、具体的には、総会のテーマ「子供の可能性×公教育の挑戦=∞ ~言うは易し、行うは難しの『誰ひとり取り残さない』に本気で挑戦する教育実践~」に沿って、日頃から取組を積み重ねていらっしゃる教育長・校長や、日頃から学校と連携されている民間・NPOの方々を募集します。
 「持ち込み企画」に応募いただける方は、以下の募集要項をお読みいただいた上で、提案フォームに必要事項を記載し、令和4年2月18日(金)までに事務局宛にご応募ください。

~募集要項~

・内容
 総会のテーマ「子供の可能性×公教育の挑戦=∞ ~言うは易し、行うは難しの『誰ひとり取り残さない』に本気で挑戦する教育実践~」に合った普段の実践を元に、参加者が学び合う場を提供する。
 なお、教育長・校長プラットフォームでは、単なるGood Practice集の共有ではなく産・学・官の実践者同士が生きた教育活動を通じて、互いに学び合うことを目指しています。応募いただく際は、このようなプラットフォームの理念を踏まえたものになっているか、ご確認ください。

・対象
以下のいずれかに該当する方とさせていただきます。
 1. 教育委員会の教育長
 2. 学校の校長
 3. 民間またはNPOの方と、学校関係者(学校の教職員または教育委員会職員)との共同での参加(ただし、上記学校関係者は、参加について学校長(学校の教職員の場合)または教育委員会(教育委員会職員の場合)の許可を得ていただく必要があります。)

・時間:30分間
30分間の時間配分(話題提供、対談、参加者からの質疑応答受け付け、参加者とのディスカッションなど)については自由とします。提案フォームに記載してください。

・応募方法
以下URLの提案フォームに必要事項を記入し、令和4年2月18日(金)までに事務局までご提出ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe6X7ZcYLCJtwGqNwrz27ni2285eqBd2Hfks7FQssBTRjSJJw/viewform

・今後の流れ
応募いただいた方の人数や内容の重複などを勘案し、当日「持ち込み企画」のアジェンダオーナーとなっていただく場合には、2月中に事務局よりご連絡させていただきます。
総会に先立ち、当日の内容や進行などについて、事務局と複数回ミーティング(オンラインを予定)をさせていただく予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
School Platform
教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォームの記事を発信していきます。 https://www.schoolplatform.org/ https://www.facebook.com/SCHOOLPLATFORMforICE/