THIS IZUMI #13 〜静かな湖畔の森の陰から〜
見出し画像

THIS IZUMI #13 〜静かな湖畔の森の陰から〜

みなさまこんにちは。
泉店、セールススタッフの蜂谷です。

暑かった夏はいかがお過ごしでしたか?
映像配信サービスでおうち時間を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。
それとも近場でお出かけされましたでしょうか。
せっかくの休日に家の中にいてもモヤモヤしてしまう

そんな私はこの夏、どうしても自然を感じたくなり、愛車のアウトバックで湖畔のキャンプに行ってきました。

画像1

…やっぱりカッコいい。(自慢)

道中、荒れた道や細い道もありましたが、X-MODEアイサイトセイフティプラス~視界拡張~フロントカメラのおかげで難なくたどり着くことができました!
X-MODEは雪道だけでなく夏でも使えるんですネ。

友人と2人で行ったのですが、2人分のキャンプ道具を積んでも余裕でした。

画像2

後席を倒せばもっと入ります。
冬にはスノーボードも余裕で行けます。

こうして積んだキャンプ道具をこう!

画像3


こう!

画像4


こう!

画像5


間違えました。

最後はキャンプ中に開催されておりました「ペヤングを誰が上手く撮れるか選手権」の優秀作品でした。
大変失礼致しました。

話は戻りますが、我ながらアウトバックはキャンプの相棒として最高のパートナーだと思っています。

そんなアウトバックに新型が発売されるということで、私としても気になって仕方ありません。
荷室の使い勝手について調べてみたのでご紹介します。

画像6

荷室容量はVDA法で561ℓと私のアウトバック(従来型)を超える容量を確保しており、新型パワーリヤゲートの採用により荷室幅と荷室開口部幅を拡大して、大きな荷物も積み下ろしがしやすくなっています。

更には、ハンズフリーオープンパワーリヤゲートや、ポップアップトノカバーなど荷室の利便性を向上させる機能を新採用しているそうです。

んー、もっと気になって、仕方なくて、困ってしまいます。(笑)

アウトバックにお乗りの方、キャンプ好きの方、ペヤングの素敵な写真をお持ちの方はぜひ蜂谷までお声がけください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宮城スバル自動車株式会社 泉店の公式アカウントです。※宮城スバルSNSポリシーに基づき運営しております。宮城スバル泉店店舗情報:https://www.miyagi-subaru.co.jp/store_information/izumi