見出し画像

よしなの酢味噌和え (西山地区 フミさんのレシピ)

『よしなの酢味噌和え』
(☆よしな(正式名称「ウワバミソウ」)は、東北地方で採れる山菜のようです)

1. よしなは葉の部分を全て取りのぞき、軽く湯に通す。色が変わったら上げる。(「昔は生でも食べとったもんだもの、軽くでいいよ!」)

2. まな板の上で、すりこぎや瓶などでたたいて平らに潰す。(潰すと「とろろ」のようにトロトロになる。)

3. すり鉢に味噌、砂糖、酢を入れ、好みの味に調合したら、食べやすい大きさに切ったよしなと和える。 ※つぶさなくても食べられますが、丸いままだと食べづらいのでつぶしているそうです。 

★山菜ビギナーでも簡単に調理できます。その他、さっとゆでて塩昆布和えにしたり、お味噌汁に入れてもおいしいそうです。
(m.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをいただき、ありがとうございます!
4
さとのもののおいしい食べ方やおばあちゃんたちのレシピ、つないでいきたいことごと。 料理家yoyo.と集落支援員moriが見聞きした、新潟上早川のたべもののこと、もろもろのおいしいものたちのこと。 (posted from 糸魚川,Niigata.)