見出し画像

小学生に向けてスライドをつくったら学びが多かったという話

こんにちは。イラストレーター/デザイナーのセキサトコです。

先日、母校の小学校で「私の仕事について」というテーマでお話しさせてもらう機会がありました。

実は小学校でこのテーマのお話をさせてもらうのは初めてではなく、毎年ご依頼をいただく度に内容やスライドを少しずつブラッシュアップしています。

▼スライド全編はこちら(左下の←→をクリックでページ移動)

特に今回は事前に複数の方からアドバイスをいただいたので「なるほど〜!」と思うような学びがたくさんありました。
備忘録も兼ねて綴っておきます。スライド作成に悩んでいる誰かの参考になれば!


▼つかみがめちゃくちゃ大事

これは何でもそうだと思うんですが、最初が面白そうだと続きが気になりますよね。
逆に最初がつまらないと、聞く気が失せますよね。たとえその後どんなに素晴らしい内容が続いていようとも…
聞き手側は冒頭で「この話は聞く価値があるかどうか」を判断してしまいます。つかみに懸けましょう!

キャリア教育2020_小学校6

【私の工夫】
冒頭に似顔絵クイズを入れてみました。
■聞き手と話し手の間にやり取りが生まれる
■「イラストうまい!」と最初に認識してもらえる
■なんか楽しい

という理由からです。
(※上記掲載スライドでは先生方のお名前を伏せ字にしています)


▼スライドだけを見続けると飽きる

見ている場所がずっと同じだと、たとえどんなにいい内容でも集中が途切れてしまいがちなんだそうです。自分が聞き手側のときを思い返してみても、確かにそうかも…
そこで「スライドだけを見続けなくて良いように、聞き手の視線や表情を動かす工夫を取り入れるといいよ」とアドバイスをいただきました。

キャリア教育2020_小学校61

【私の工夫】
ところどころに問いかけ伏せ字を入れてみました。
■聞き手と話し手の間にやり取りが生まれる
■小学生くらいだと、意外と素直に答えてくれる

という理由からです。

話し手も聞き手も終始スライドを見ながら話すのではなく、時に相手の反応を見ながら対話することも大切ですよね。とはいえ私は話し手側として人前に出た経験がそう多くないので難しかったです。


▼「◎◎しちゃダメ」は「△△しよう」と言い換えた方が頭に残りやすい

これは現役教員の夫からのアドバイス。
子どもには「◎◎しちゃダメ」というニュアンスよりも、「△△しよう」とポジティブに言い換えて伝えた方が頭に残りやすいんだそうです。

キャリア教育2020_小学校53

例えば私は当初「友だちが悲しむようなことはやめよう」と表記していた箇所を「人が喜ぶようなことを進んでしよう」に変更しました。(全く同じ意味合いかと言われるとそうではないですが…)

「◎◎しちゃダメ」と何かを禁止・制限するような言い方よりも「△△しよう」と行動を促すような言い方にするのがポイントです。

これって大人にもいいんじゃないかと思いました。ダメって言われると余計やりたくなりますしね。え、私だけですか?


▼子どもはメモを取ることに一生懸命になる

これも現役教員の夫からのアドバイス。子どもは聞いたことを一生懸命メモしようとするので、話の順序と情報量には気を遣った方がいいとのことでした。

「子どもは最初に出たものから順にメモを取ろうとするよ」と言われたので、まず一番大切なことを最初に持ってくるようにしました。
さらに、情報量が多すぎると子どもが持ち帰れるものが少なくなってしまうので、極力情報を絞った方がいいとのことです。まさにデザインと同じですね!

過去にお邪魔させてもらったときも、そして今回も、確かに子どもたちは私の話をメモしてくれていました。真剣な眼差しで、一生懸命…
メモに夢中で肝心の部分を聞き逃した…なんてことにならないような設計を話し手側がしてあげることが大切ですね。

キャリア教育2020_小学校16

【私の工夫】
■話の順序に気をつけた(大切なことを前に持ってくる)
■情報量を極力減らした
■持ち帰ってほしいことはスライドに箇条書きして簡単にまとめた


▼大人に響く話と子どもに響く話は違う

当たり前ですが、大人に響く話と子どもに響く話は違います。今の子どもはどんなことが聞きたいだろう?自分がこの年齢の頃に戻れたら、どんなアドバイスをもらえたら嬉しいだろう?……
話し手が話したいことだけを羅列するのではなく、相手が何を求めているかも調べながら流れをつくることが大切です。

キャリア教育2020_小学校18

【私の工夫】
依頼主である先生方が求めておられること(=私の仕事内容を話してほしい)も混ぜつつ、自分が「小学生のときにこんなことを知りたかった!」という内容もお話ししました。


▼子どもに伝わりやすい言い回しを心がけつつ、ちょっとは背伸びも大事

今回は小学生対象のお話ということで、子どもに伝わりづらいような小難しい言い回しは極力避けました。
自分が小学生の頃どこまでの理解力があったかなんて全く覚えていないので、どれくらいまでなら伝わるかな〜と現役教員の夫にアドバイスをもらいながら…

【例】私は当初考えていた表現を下記のように修正しました。
■大阪で培った経験→大阪での経験
■自分の看板でお仕事を請け負うように→会社員ではなく自分の名前でお仕事を請け負うように
■どっちとお仕事をしたい?→どっちにイラストを描いてもらいたい?

ただし、夫いわく「少しは背伸びさせることも大事」なんだそう。
知らない言葉と出会うことや、分からなかったら調べてみることも大事なので、過度に「小学生に絶対伝わる言い回し」ばかりを選ばなくても良いとのことでした。うん、なるほど、難しい!(笑)


▼まとめ

■つかみがめちゃくちゃ大事
■スライドだけを見続けると飽きる
■「◎◎しちゃダメ」は「△△しよう」と言い換えた方が頭に残りやすい
■子どもはメモを取ることに一生懸命になる
■大人に響く話と子どもに響く話は違う
■子どもに伝わりやすい言い回しを心がけつつ、ちょっとは背伸びも大事

少しでもご参考になる部分がありましたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

---------------------

↑こちらもオススメしてもらって参考にしました。資料作成の方法ではなく「伝え方」を学べる良書です。言いたいことをしっかり伝えたい方にオススメ!

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
セキサトコ|イラストレーター

温かいサポートありがとうございます!

ありがとうございますっ!
山口県のイラストレーター🎨大阪で8年暮らして山口にUターン|かわいくて分かりやすいマンガ・イラストレポートが得意|お仕事のご依頼はサイトまで▶︎https://www.satokom-gallery.com/