見出し画像

ささみりん氏のアフィリエイターとしての実力は?記事作成能力を見る!


ささみサロンを運営しているささみりんさん。この方のアフィリエイターとしての記事作成能力はどうなっているのか?
ささみりんさんの記事作成のレベルについて見ていきたいと思います。


こんにちは。
ささみサロンの内部の人です。
(参加しているだけで運営者ではありません)

→ささみサロンについてはこちら


ささみサロン運営者のささみりんさん。
ささみサロンと聞いても、どんなサロン?運営者はどんな人?ということで疑問に思うかと思います。


サロン運営は上手くても、実際のアフィリエイト能力が低いとか、そういうことはないですよね?
実はサロンで儲けているだけで、実力がなかったりしないですよね?

(まあ、最近はよくわからないサロンが本当に多いもので・・・)


本人の実力を見抜くというのはなかなか難しいものですが、ささみりんさん自身がyoutubeで公開で真夜中の記事作成一本勝負なんてものをやりました。

せっかくですので、これを見てライティング能力がどの程度なのかを見ていきましょう。


1 ささみりんの真夜中の記事作成一本勝負!

ささみりんさんが夜中の記事作成一本勝負!ということで2020年1月24日にLIVE中継した内容がこちらです。

制限時間は60分で、その場で出たお題で調べて記事を書くというものです。

あ、動画は本当に長いのでお気をつけください。

この難易度がどれくらいのものか。
動画を見るとわかりますが、これは結構大変なレベルです。


自分の知っている得意ジャンルでその続きを書くのであれば、60分でも結構書けたりすることもあるのですが、その場で出てきたお題について書くということ。


適当に書くということではなくて、まずASPからそのお題にある案件を探してきて、その案件をセールスするために必要な文章を数千字(今回は3000字オーバーくらい?)で書いているんです。


これを1日で書いてくださいなら大丈夫だと思います。

3時間かけて書いてくださいでも大丈夫でしょう。

でも、60分で、しかもyoutubeでリアルタイム公開で書くということ、しかも有る程度youtubeライブとしての体を保つためにトークをしながら書かなければいけません。

これって相当ハードだと思うんです。

記事の質までは今回はまあ普通かなというところだと思いますが、この短時間でこのレベルが書けるということであれば、集中して一人でじっくりと書けば、相当な品質のものが上がってくるのではないでしょうか。

2 今回は転職案件でした

画像1


今回指定されたのは転職案件。ささみりんさんはもともとキャッシング、カードローン等が得意分野で、他ジャンルもできるようですが、転職案件は全然経験がないようです。

ASP案件からざっと見て見つけたのは、一般の転職ではなく、保育士転職でした。

さっと1記事書けることを前提に転職案件を見つけるというのも大変ですよね。

転職というと、どうしてもその転職する人の属性であったり、業種の知識が求められたり、あまり1記事完成型ではなく、多くの情報のコンテンツを集めて成り立つというようなイメージがあります。

ピンポイントでペラサイトで狙う方法もありますが、ある程度ジャンルの経験がないとキツいですよね。

ここで、youtubeライブ時間内にポンと選んで決められる(といっても苦戦しているようですが)のは、結構なセンスも求められると思います。


3 一応、自分も実践してみました。

このような記事作成一本勝負があったということで、私自身も記事が本当に書けるのかどうかチャレンジしてみました。

youtube公開ではなく、勝手に自分で測ってチャレンジしてみただけです。
とても公開してリアルタイムでなんてできません。
やったらクレームの嵐になってしまうでしょう。


結果はこんな感じになりました。


13:25 構成開始
13:50 構成完了 25分 

13:53 記事作成開始
14:41 記事作成完了 48分

合計 73分
文字数 5100字
テーマは最初から知ってるテーマ

これには文字装飾、投稿作業を含んでいません。


さすがに60分できれいにすべてがまとまるなんてことはありませんし、トークしながらなんて不可能です。

私自身もアフィリエイターとして専業で生活できるレベルですが、それでもこんなもんですからね・・・。

やっぱりライティングレベルの差は結構あるなあと感じてしまいました。

4 ささみサロンに入ればライティングも学べる?


ささみサロンに入ればライティングについても学べるのかどうか。

サロン内専用の情報としてライティングの項目もありますので、結構勉強になるとは思います。
てにをはというよりは、大きな方向性を掴めるようなイメージでしょうか。


細かい個別のことは何かあり次第、SNSで質問していけばいいんです。
今のところかなり親切にささみりんさん本人から回答してもらえます。

(回答するのも結構大変そうな気がする・・・)


ささみサロンとはどういうサロンなのか、詳しくはこちらを見てみてください。

→ささみサロンの詳細はこちら


◆関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

モチベーションが上がりました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。