意外と難しい教育セクターでのランダム化比較試験(RCT)の実施
見出し画像

意外と難しい教育セクターでのランダム化比較試験(RCT)の実施

その教育政策議論、ランダム化比較試験(RCT)をすればいいだけじゃん。というセリフを耳にする頻度が増えてきたように感じます。確かに、勘や経験に基づく議論に比べればマシなのは間違いないですし、単純な使用前・使用後の比較と違い厳密さも高いです。

しかし、最近あまりにもエビデンスのゴールドスタンダードとしてのRCTという言葉だけが独り歩きしたせいか、実際にRCTを教育セクターで運用することがどういう事か全くイメージできていない意見も目にするようになりました。

そこで今回は、教育セクターでRCTを用いた中でも有名で、理解しやすいランダム化を実施した、オンライン教育の効果を検証した下の論文を紹介することで、実際にRCTを運用するとはどういった事なのか説明しようと思います。

Figlio, D., Rush, M., & Yin, L. (2013). Is it live or is it internet? Experimental estimates of the effects of online instruction on student learning. Journal of Labor Economics, 31(4), 763-784.

1. なぜRCTが必要なのか?

紹介する研究は、大学で行う授業が、オンライン(録画がメイン)のものに置き換えられても、生徒の成績に悪影響が出ないかを検証するのが主な目的です。

この続きをみるには

この続き: 9,662文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

国際教育開発の研究・政策・現場に携わる理事が、最新の潮流や実践の改善に繋がるTipsをご紹介します。 キャリア情報は別マガジン【国際協力キ…

または、記事単体で購入する

意外と難しい教育セクターでのランダム化比較試験(RCT)の実施

サルタック・シクシャ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界中の全ての子どもたちが、「有意義な教育」を受けられる社会の構築を目指しているNGO。 ネパールで新型コロナ緊急学習支援を継続中。 https://www.sarthakshiksha.org/ja/get-involved/support-sarthak-shiksha2/