見出し画像

TabNine+VSCodeで快適な補完(オートオンプリート)環境を作る方法

こんにちは、Choimirai School のサンミンです。

0  はじめに

Githubで公開されている約200万のソースファイルを機械学習モデル(GPT-2)を使ってあらゆる言語のオートコンプリートを提供するのが、TabNineです。

今回の note では TabNine を VSCode にインストールし快適な補完(オートコンプリート)環境を作る方法を紹介します。

1  前提条件

VSCodeは既にインストールされていることを前提で進めます。まだの方は、こちらのサイトからダウンロードしてください。

画像1

2  TabNine のインストール

VSCodeのにはマーケットプレイスがあって、ニーズにあわせ様々なプラグインをインストールすることができます。

上記のリンクをクリックしますと次のように、TabNine for Visual Studio Codeのページが表示されます。

画像2

Install のボタンを押下しますと下記のポップアップが表示されますので「Continue」で次のステップへ進んでください。

※注意:VSCodeをお持ちでない方は、インストールがまず必要です。

画像3

すると、今度はVSCodeを開いても良いですか?というポップアップが表示されます。

画像4

「Open Visual Studio Code」をクリックし、VSCodeを開いてください。

画像5

「Extension: TabNine」のタブから、TabNineをインストールしてください。

3  TabNineの設定

TabNineを快適に利用する為にはいくつかの設定が必要です。設定は、VScodeのCommand Palette(Ctrl+Shift+P / Cmd+Shift+P)から行います。

画像6

上記画像のようにCommand Palette(①)を開いて、TabNine を入力し、候補に表示される「TabNine: Open Settings」を選択しますとTabNineの設定値を変えられるページ(TabNine Extension Settings)へ遷移します。

TabNine ProのAPI Keyをお持ちの方は、TabNine Professional の「Edit」ボタンを押下し、Keyを入力してください。

画像7

4 TabNine PRO版

TabNineは無料でも利用できますが全ての処理をローカルで行いますとメモリの容量が不足し、PCやMacが重くなる原因となります。

TabNine Professional版(月15ドル)ですと「Deep TabNine Cloud」の設定を Enabled にすることができます。すると、クラウド上のGPUを利用できますのでローカルのスペックを心配しなくても大丈夫です。

画像8

※注意:TabNine Cloudはクラウド上にあるGPUを利用して計算するためマシンスペックを利用しません。ただし、コードをクラウドに送信するためコードが意図せぬところから漏れる可能性はあります。

5  まとめ

ハーバード大学のウェブプログラミング(Python+JavaScript)の授業をVSCode+TabNineで受けたのですが、TabNineが提案してくれるコードを繰り返してみることで講義の内容がよりわかり易かったです。

TabNineは開発者の生産性向上だけでなく、これからプログラミングを学ばれる方にも大変役立つツールです。

2019年の7月にリリースされたTabNineは、GPT-2を利用して学習させられたものです。2020年10月からGPT-3が一般に公開されますと、TabNineもさらに強力で快適な開発環境を提供してくれると期待しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
9
英語を学ぶから英語で学ぶを at Choimirai School。On a mission to make English Learning more fun, and more productive。

こちらでもピックアップされています

英語で学ぶ
英語で学ぶ
  • 51本

英語で学べるコンテンツをまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。