見出し画像

ボジョレー ヌーヴォーをスルーする前に、ワタシの可愛さに気づけ


「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「メルロー」「リースリング」「ピノ・ノワール」「ソーヴィニヨン・ブラン」「シラーズ」…

そんな言葉を聞いたり、目にしたことはありますか?

これらはすべて、ワインで使われるぶどう品種の名前。

そしてこれから紹介するお話は、
人間に化けたぶどうの品種たちが、ちょっぴり疲れた人々とコンビニで出会うという強引な物語です。

ともあれ、
今年も“ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日”がやってきます。

でも、ボジョレー・ヌーヴォーって、一体なにがありがたいんだろう?
 
酸っぱすぎない? 味が薄くない? あの味が好きな人っているの? 

そう感じている人もいるかもしれない。

でもきっと
ボジョレーに使われている品種
「ガメイ」
の存在を知ったら、ほんのちょっとだけ、
ボジョレー・ヌーヴォーを意識するようになるはず。



ガメイ回_001


ガメイ回_002


ガメイ回_003

ガメイ回_004

ガメイ回_005

ガメイ回_006

ガメイ回_007

ガメイ回_008

ガメイ回_009

ガメイ回_010

ガメイ回_011

ガメイ回_012

ガメイ回_013

ガメイ回_014_テキスト

ガメイ回_015



いかがでしたか? 
次回もどうぞおたのしみに!


ガメイ回_016



この物語は、この本がもとになっています。


マンガ/山田コロ
『図解ワイン一年生』のイラスト/マンガ担当。千葉県在住フリーのWeb制作(UIUX・マークアップ・デザイン/wordpress)&イラストレーター。アルコールには弱いです。お仕事など→http://koroyamada.net/profile/
監修/小久保尊(こくぼ たける)
1983年、千葉県船橋市生まれ。『図解ワイン一年生』の著者。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。大学在学中から船橋市内の有名店など数店で経験を積んだのち、2011年9月に「ワインと肉 COQ DINER」を船橋にオープン。翌年10月には2号店となる「立呑み 燻製 COQ DINER離-HANARE-」をオープン。日本一の庶民派ソムリエとして語る、ワイン案内の“敷居の低さ"に定評がある。
編集/橋本圭右(はしもと けいすけ)
サンクチュアリ出版編集長/宣伝部長。最近はローカルファミレスにはまっています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンクチュアリ出版 公式note

気に入ってくれたら、サポートをお願いします!

ほんと? 弊社もあなたがスキです
25
本をもっとシンプルで面白いものにしたい。難しいことをできるだけわかりやすく伝えたい。そして、世界でいちばん読者に近い出版社でありたい。そんな思いから、1年間に出版する本は、多くても12点。そのぶん1点1点丁寧につくって、丁寧にお届けする出版社の公式ノート。気まぐれに更新!