見出し画像

整体・マッサージの料金設定はどうするか

サロン開業ラボの伊澤です。

今回はこれもまたよく質問される内容です。そう。料金設定ですね。

正直難しいテーマです。

まずは相場を知る

まずは相場から見てみましょう。

僕が開業したての頃、2003年くらいはまだマッサージなり整体は1時間6000円が相場と言われていました。10分1000円とも言いますね。(税抜きです。以降も税抜きで書きます)

これが近年は下がってきています。

ただ、全体が下がったというよりは一部の1時間2980円という格安店の台頭によって全体が押し下げられたというのが現状だと思います。

格安店を知る

関西が本拠地の「りらくる」さんが今、この整体業界で一番の店舗数です。600店舗を越えていますね。

ここは先ほどの1時間2980円のお店の筆頭です。

他にも同じような2980円の店舗は多くあります。(ただ、りらくるさん自体は2019年あたりに値上げをしましたね)

これらは格安店です。

ただ、これは個人店が真似してはいけません。いけません。

なぜならこれは規模が大きいから成り立つモデルだからです。

薄利多売でするから成り立つのです。個人店では多売できません。

これを個人がやってしまうと1日5時間施術して15000円。

22日間営業したとして33万円。

家賃に水道光熱費、通信費に消耗品、広告費、備品費、支払手数料、諸会費、交通費などを払ったら18万円(この金額はなんとなくですが)くらいしか残らない。さらにそこから国民健康保険、国民年金、所得税、住民税を払ったら10万円台前半。。勤めていたほうが全然よかった。

なんてことになります。

なので個人店はこれをやらないようにして欲しいです。

格安店をやるなら最初からある程度のボリュームを持ってやって欲しいです。

10分1000円のマッサージ店を知る

つまり2000年くらいより以前の相場のお店ですね。

これは例えばラフィネさんやてもみんさんあたりはこのあたりの料金だと思います。

これらがまあ妥当なラインなのかなと思います。

高すぎて集客が難しいわけでもなく、従業員を雇っていてもお給料も支払えるのかな、と思います。

が、価格という「売り」はないわけで1時間6000円いただくだけの内容は求められますし、それでも行きたい。と思ってもらわないといけないわけですね。

これなら業務委託なら1時間3000円を報酬として払えますし、お給料でも2400円程度支払えると思います。

高級店を知る

高級店はあまり規模が大きいところはありません。というか僕が知らないだけかもしれません。

オリーブスパさんは高いです。1時間12000円程度ですので前者の2倍です。

こちらは有名店ですので知っている方も多いと思います。

それ以外は個人サロンなのかな、と思います。限られた方に対してプライベート空間を用意して行っているような場合が多いのではないでしょうか。

私もあまり知らないです。

多くのスタッフを雇った上で1時間12000円以上でいけるお店が作れたらそれはとても素晴らしいですね。1人がカリスマとして高みにいる状態というのはできるのですが、10人20人50人という規模のスタッフみなが1時間12000円なりを取れるというのは難しいことだと思います。

結局どうしたらいいのか

格安店から普通、高級とあるらしいが(当たり前だけど)いったいどれにしたらいいんじゃい!

って聞こえてきそうですが、僕の考えはこうです。

個人でずっと1人でやっていく。おいら一人がカリスマとして爺様、婆様になるまで孤高の存在として続ける!という場合は高級店を目指して欲しいです。

なぜなら自分自身しか施術しないのであれば技術は自分の持てる100%の価値で提供できる、1人ならいつでもプライベート空間を提供できるからです。

さらに1人でやるということは件数は上限が決まっているので例えば月に100人が受けられる上限(時間や体力を考えて)だとしたなら、3000円なら30万円。6000円なら60万円。が上限なのです。ああ、8000円にしておいたら80万円まであったのに。となります。

しかし。いずれ複数人でやろうとするならあまり高価な料金だと多くのお客様を集客できないというネックが出てきます。

全員が全員ベテランではないし、新人もいればなかなか上手くなれない人もいます。そうするとある程度こなれた料金にせざるを得なくなるということです。

しかし1人でやるより全体のボリュームは出るので中くらいがいい、という考えもあると思います。

人を雇うつもりかどうか

今までの話の中にも出てきますが、人を雇うのか、それとも自分1人でやっていくつもりなのかによっても違います。

人を雇用するのは自分にはどうしても難しい。という人もいるでしょうし、「私は結構皆を動かすのが得意だ」という人もいるでしょう。

1人は寂しい人もいれば、誰かに相談したい、あれこれ言われたくない、いろいろな思いがあると思います。

そう人を雇うというのは「ボリューム」という観点だけでなく、「人を雇える人か」という適性的な観点もあるわけですね。

それによって価格の考えも変わってきます。

エクセルでシミュレーションしよう

いろいろ話してきましたがこれらはざっくり頭の中で想像していても実は全然数字としてどんぶり勘定すぎます。

ぜひエクセルで何人お客さんを受けて、いくらだったら売り上げはこれだけになる。

人を雇うなら1人これだけ支払うのでこうなる。というのをエクセルでシミュレーションしてみてください。

結構違いますので。

売上シミュレーション

上をの「売上シミュレーション」をクリックするとエクセルファイルがダウンロードできます。1ベッド、3ベッド、5ベッドでシミュレートできるものです。

自分の思う規模で、思う価格で、お給料の割合などを考えてシミュレーションしてみましょう。

きっと思ったのと違う世界が見えてきますよ。(*^^)v

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったら是非シェアしてください。
リラクゼーションサロン「なごみ」「なごみや」を都内に5店舗2003年から運営。 1人で開業して少しずつ店舗を増やして30名超のスタッフで営業中。 お金を掛けられないので内装、ホームページ、集客、ブランディングなど自分で勉強してやってきました。 その方法をお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。