画面を見るということ
見出し画像

画面を見るということ

salmix

今の時代…よっぽどお年を召した方を除いて、1日に一度も“画面”を見ない人なんているのでしょうか。
高熱がある時でさえ、画面を見なければ病院の予約もできません。
仕事も勉強も、飲食店の注文も、何かの案内も、紙面から画面へ移り変わりつつある世の中。
インスタグラムを見れば、猫が猫用の動画を見ている動画。
猫は目が疲れないのだろうか。

しかしこういったインスタグラムのような個人の動画はさておいて、公的に流される動画・映像作品に関しては、内容のモラルの問題や悪影響以外にも、
 ”精神的かつ身体的に健やかを保てるものかどうか”
という基準がもっともっと考えられるといいなと思っています。
自分や家族が毎日食べるものの質を気にするように。
映像コンテンツはもはや人生を味付けるスパイスでは無くなってきていると思います。
嗜好品ではなくて、生きる上で食さなくてはならない主食の部分にくい込んできているのではないかと思うのです。

以前にもnoteでお知らせしましたが、サルミックスではハーディングチェックを受け付けております。
単体で受け付けておりますので編集前後、納品前、どのタイミングでも可能です。
刺激や驚きはあっても、健康的負担の少ない映像を意識してみませんか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
♪ ありがとうございます♪
salmix
私たちは映像と音声の会社です。 自由が丘に2つのスタジオがあり、日々映像・音声に携わる方たちのサポートをしています。 人とのつながり、心のつながりを大切にした「音づくり」「作品づくり」をめざしています。