見出し画像

【書籍紹介】Baseball Times vol.49

サク来

書籍紹介カテゴリーでは、応援から野球マネジメントまで、サラマンダーズに関係ある書籍、出来れば論文をメインに紹介して参ります。もし、お薦めの本がございましたら、ご一報いただけますと幸いです。

こんにちは、サク来です。

今回初の試みとなる書籍紹介では、季刊ベースボールタイムズ編集の選手名鑑、Baseball Times vol.49をご紹介いたします。



Baseball Times vol.49(SIJ) 表紙より引用

2022年4月に発行された本書の最大の特徴は、NPB・独立リーグ・女子ソフトボールリーグの豊富な選手量とデータ量が詰め込まれていることです。

NPBはもちろんのこと、KALにBCにILやHFLらに加え、NOL・カンドク・HBLといったIPBL非加盟球団に、JDリーグ:女子ソフトボールのリーグの選手までといった、琉球ブルーオーシャンズ以外ほぼ全てのプロ野球リーグが出揃っています。。

中には、発行日までに在籍している選手の詳細情報や21シーズンの選手成績、選手紹介の一言メモ(セールスポイントやキャッチコピーなど)、その選手が他の誰と繋がりかがあるかのデータベースなど小さくコンパクトにまとめられています。


Baseball Times vol.49(SIJ) P141 より引用


もちろん、我らが火の国サラマンダーズが集うKALのページも、遜色なく佇んでいます。


Baseball Times vol.49(SIJ) P279より引用

サク来は、いつもこの選手名鑑から21シーズンの成績を引用して用いさせていただいております。
詳しい内容は、購入してその目で確認してみてください。
来年以降も重宝することが確実している一冊となっています。

ところがどっこい。

この本、校閲さんがおっちょこちょいなばかりか、時折誤植が生じてしまっています。
この記事を執筆するにあたり、改めて選手名鑑を読み返したところ、結構なガバガバポイントが散見されました。
これに関しても、いくつか紹介しようかと思います。

・上武大出身になったバレラ選手(オリックス)

Baseball Times vol.49(SIJ) P79より引用


・打者ではなく投手成績を表示された白崎浩之選手(大分B)


Baseball Times vol.49(SIJ) P288より引用


この誤植はサラマンダーズにも被害が及び、


Baseball Times vol.49(SIJ) P293より引用

猿渡選手の成績が"NO DATA(迫真)"とお邪魔が出てきています。

若干おっちょこちょいなところも御座いますが、総合的にあったら嬉しい一冊だと考える、Baseball Times の選手名鑑シリーズ。

23シーズンもこの調子だと発売される見たいので、是非お求めください。
また、22シーズンの選手名鑑はまだ余分があるみたいで、この記事のトップから通販サイトにて販売中です。
是非チェックしてみてください。

ちなみに、余談ですが、選手紹介の一言メモにはたとえ内容でも、最低一言は記載されているのですが、


Baseball Times vol.49(SIJ) P271より引用

伊藤隼太選手(愛媛MP、元阪神)だけ無記載でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!